PBL

2019年6月20日 (木)

工学院 保健体育が20世紀社会が失いかけた「生活世界」を取り戻す。

★工学院の保健体育はおもしろい。以前柴谷先生の授業を見学した際にも感じたが、今回濱崎先生の中2の保健体育の授業を見学したその想いは確信に変わった。

Dsc06761   

★人間の生活世界である環境は、身体脳神経系全体に影響するし、人間の身体脳神経系全体は開放系であるために、環境に配慮する視点は大切。したがって、濱崎先生は、その視点を身近な生徒自身の生活世界の1つ、自分の教室から思い巡らすトリガークエスチョンを出した。気づいたコトをロイロノートでどんどん共有していった。

Dsc06756

★そしてその足場作りができると、3人チームをつくり、どのチームにもそれぞれ違うシチュエーションが設定された環境のクエスチョンが提供された。各チームは、その生活環境の状況を<解釈>し、問題を発見して、快適な環境をどう作っていくのか議論した。このクエスチョンの作り方は、東大の帰国生入試の小論文問題と同構造だった。

★さて、そこで普通はいよいよプレゼンテーションになるのだが、濱崎先生は、そこにさらなる創意工夫を加えた。

★各チームがプレゼンするはずのマナボードをシャッフルしたのである。つまり、他のチームが創ったプレゼンテーションの作品を再解釈して、さらにブラッシュアップするいくつかの視点を付け加えて発表するのだ。

★これは実に大胆なプログラムだ。クラスのメンバー同士が相当信頼関係を形成していなければできない。自分の意見にこだわり、他者の視点を取り入れることを拒否することもあり得るはずだからだ。

Dsc06768

★もちろん、濱崎先生は、日ごろの生徒の様子を非常によく観察していて、このプログラムが有効かどうか判断するのはかなり吟味したという。そして、思い切ってやってみて、今はよかったと思うと。

★これは≪アイデンティティ≫とか≪自分軸≫とか言われてきた教育言説の概念を思い切り転換する行為でもある。「自分へのこだわり」を形成して個人化された人間が、相互主観で形成される生活世界から離れてしまったのを、再びそこに人間を立ち戻らせる学びを工学院の保健体育はデザインしているのかもしれない。

Dsc06796   

★そんなことを思い浮かべながら濱崎先生の授業を見終わって帰途についた。しばらく歩くと、次の時間の授業が始まっていた。そして、ふとその教室をドアから眺めると、工学院のヘルス&メンタルマネージメントをしている安芸先生による保険体育の授業が開始していた。

★やはり、PBL型授業が進行していた。テーマも、生活世界におけるヘルスに関する問題。

★工学院の保健体育の授業は相互主観性の信頼性をベースにする生活世界を生徒共に取り戻す大切な教育を生み出しているのではないだろうか。

|

2019年6月 1日 (土)

工学院 今、保健体育と家庭科がおもしろい!未来を創る知を実装する!(2)

★工学院の柴谷先生の高2の保健体育の授業の後は、片瀬先生の中1の家庭科の授業を見学した。驚いた。家庭科という教科のイメージががらりと変わったのだ。いつもは料理実習などをしている空間だが、今回はmakers spaceのトルソー(全体ではなくその象徴的な部分という意味で。工学院の本格的なmakers space=fabラボは図書館にある。)という雰囲気。

★MITから工房運動が始まり、いわゆるfabラボは、世界中に広まっている。おまけにオバマ政権時代に学校にmakers spaceを5000くらい作るという政策が展開されたらしいから、MITメディアラボの3XPBLをベースにしたlearning by makingという学びも、MITメディアラボのシーモア・パパートとレズニックがコラボしたレゴを使った学びとともに、世界中に広がっている。その象徴が、あの有名なシリコンバレーで展開しているHTH(ハイテックハイ)。

Dsc03094_1

★片瀬先生は、裁ちばさみやアイロン、ミシンなどの道具について、その機能、効用、リスクを問答しながら、実際に生徒が使ってみる実習を進めた。まだ、何かを創るというのではなく、その前の、ツール、ロール、ルールの3要素の有機的つながりを実装するシミュレーション。生地を裁断したり、ミシンで縫ったり、アイロンをかけたり。

Dsc03142

★生徒の真剣な姿に、なるほどフロー状態(チクセントミハイが発見した、没入する心理的状態。ハワード・ガードナーも注目している学びの重要な状態)とはまさにこれだと。learning by making は、目標が明快だし、道具の使い方を間違えると危険でもある。だからリスクテイキングも背景にあり、スリリング。何と言っても物理的時間をワープしてしまう。

Dsc03132

★それにしても、今回の見学のラインナップは、教務主任田中歩先生に仕掛けられたなと直感し、一瞬ニヤけている自分がいるのに気づいた。もちろん、すぐに真剣な表情になって見学したが。

★というのも、柴谷先生の保険体育と片瀬先生の家庭科の授業を連続して見学すれば、すぐに工学院では両科目が連動しているというのがわかる。家庭という生徒にとって日常の世界に、実社会の世界を映し出し、そこから問題発見の意識を覚醒する仕掛けになっている。

★もちろん、片瀬先生は、柴谷先生の育児のときの夫婦の関係の問題を解決するためのダイレクトな解決策をイメージさせるに十分であるが、それ以上に、両先生の授業は、近代産業社会が生み出した様々な葛藤の中で家庭生活が影響を受けていることを実感する探究の授業さながらだったのである。

★柴谷先生の意識の質的リサーチによって問題を発見し解決を考える学びと道具の近代産業におけるイノベーションと矛盾の関係を思考する片瀬先生の家庭科はどこかでリンクするはずだ。

★と思っていたら、片瀬先生は、すでに、そういう話を柴谷先生とは議論していますということだった。もちろん、直接的な教科横断というのもあるが、今回のように間接的に教科横断しているということもありだということのようだ。

★ところで、最初に「いつもは料理実習などをしている空間だが、今回はmakers spaceのトルソーという雰囲気」と書いたが、料理実習こそ真の創造的思考を育成する場である。家庭科実習室が料理工房に変身する時また見学したいものである。

★というわけで、工学院の保健体育と家庭科の授業は、注目である。

|

2019年5月31日 (金)

工学院 今、保健体育と家庭科がおもしろい!未来を創る知を実装する!(1)

★工学院の柴谷先生の保健体育の授業を拝見した。もし保健体育という情報がなければ、女性学をテーマにした探究の授業なのかと思っただろう。導入は、前回の授業で生徒たちから回収したアンケートの結果をデータ化して、育児に対する固定概念をリフレクションするところから始まった。

Dsc03010

★つまり、生徒と質的リサーチの方法を分かち合って、そこから何が見えるのか?ウオーミングアップしてから、主婦、主夫、働く夫、働く妻に分かれ、育児の問題点を解決するためにどうしたらよいのかロールプレイしながらディスカッション。

Dsc03033

★柴谷先生も生徒も、未体験の状況をイマジネーションを膨らませながらいっしょに学ぶミニPBL型授業だった。プレゼンの内容もマナボードに書き込み、そしてプレゼンする。

Dsc03049

★リサーチは、たしかに疑似的でシミュレーションスタイルだが、explore→exchange→express(リサーチ→ディスカッション→プレゼン)という構成主義的学習を現代化したシーモア・パパートが推奨する3XタイプのPBLのプロトタイプだった。さすがチーム田中のメンバーだ。ナチュラルなPBL授業。

Dsc03023    

★とにも、シンプルなミニPBLだが、それゆえジョブスの好きな引き算の美学の世界が広がった。そこに近代産業がもたらし20世紀に頂点を極めた人間の深い闇を避けることなく見つめ直し、そこをいかに払しょくするか、生徒たちは結婚生活や夫婦の関係について考えるにあたって、最初は少しシャイだったが、ここに到って、真剣に議論に没入していった。

★なぜ工学院が21世紀型教育を推進しているのか。それはこの20世紀に凝集した近代産業社会における人間存在の暗闇を払拭し光を取り戻すためだったのかもしれないと感じないではいられない授業だった。


|

2019年5月30日 (木)

PBLとダブルダイアローグ 対話をしているようでしていないPBLはPBLにならない。

★このところ、いろいろな先生方と話す機会が急激に増えた。そして、PBL(Project based Learning)には、ダブルダイアローグが必要だというコトに気づいた。一見、相互にやりとりをしているから相互通行型の対話ができていると思いこむ場合が多いが、それが実質的には相互通行型になっていない場合が案外多い。

Di

★学びとは対話であるから、今目の前の問題を考え解答を得ようとする自分とその問題を解く行為を通して、もっと何か大きな未知なるものに気づいている自分に気づいて、その両者で内省的対話が行われている。こうなると、一つの経験がその経験以上の感性や知性や人間関係界や自然法則などの大きな世界=Something Xに引き込まれていく自分の存在に気づきワクワクしてくるものだ。

★しかしながら、実際には独白では、その豊かさはなかなか広がらないし、そもそも目の前の問題も解決つきにくい。そこで、他者との実際的な対話が必要となる。かくして、Something Xがどんどん広がるには、実際的な対話、つまり直接的な対話と内省的な対話のダブルダイアローグが必要となる。

Photo_53

★子供の場合、本来そのSomething Xを豊かにしていく対話は経験豊富な大人とのダブルダイアローグが有効なはずだが、通常の大人は、Something Xには興味がなく、目の前の問題を解決することに終始しがちなのは、説明するまでもない。したがって、そのような大人と直接的対話をする子供は、内省的対話は稼働せず、大人の経験や体得した知識をインプットされ、強引に目の前の問題を解決することに引き延ばされるだけで終わる。

★直接的な対話があったとしても、一方通行的詰め込みや引き延ばしと実は変わらないという場合が多いのである。

Photo_54

★ところが、大人の中には、目の前の問題を解く経験や知識は豊富だが、Simething Xの可能性は、つまり才能の豊かさは自分よりも子供の方があると悟り、子供のSomething Xの部分が拡張するような対話をする。見た目は直接的な対話だが、内省的な対話が子どもの内面に起こるような間接的な対話をするのである。Something Xも豊かなになるが、目の前の問題を解決する経験や知識も自然と拡張する。

★これが20世紀型の一方通行型の講義と21世紀型教育のPBLとの大きな違いである。

Photo_55

★しかし、究極のPBLは、大人も子供も、つまり教師も生徒も、直接的な対話と内省的な対話の両方が互いに豊かになっていく。このときイノベーションやアーティスティックな創造物が生まれてくる。ファシリテーターは、ジェネレーターにシフトしている。

★そして、対話の肝は、「問い」である。ダブルダイアローグを豊かにする「問い」を生み出すトレーニングがPBL授業では重要になるのは、そういうわけだ。

 

|

2019年5月29日 (水)

21世紀教師の歩む道(03)リヨ・ホイットニー校長のカナダの「PBLの肝Driving Questionsの作り方」講座

★文化学園大学杉並のDD(ダブルディプロマ)コースは、コースと言えども、カナダのBC州の学校がそのまま入っているインターナショナルスクールそのものである。

★BC州の教育は、非常に質もレベルも高い。公立学校でありながら、IB(国際バカロレア)並みのカリキュラム。しかも、ダイナミックにアップデートされながら進化を続けている。

Dsc03338

★BC州からこのDDコースの校長に就任しているのがリヨ・ホイットニー先生。今回のカウンシル2時間目は、BC州の教育のコアであるPBLのコツの研修だった。ここでいうPBLは、Project based Learningで、21世紀型教育機構と波長が合う。それで、カナダのPBLと日本のPBLの違いに興味をもったリヨ先生は、今回快く参加してくださった。

★BC州の教育はグローバル市民性がベースだから、対話やコラボレーションをして、自発的に深い思考の道をたどっていくのは、ある意味当然なのである。

Dsc03355  

★だから、PBLによって、コアコンピテンシーであるコミュニケーション、シンキング、コラボレーションを養うのも当たり前なのである。だれか特別な生徒が学ぶのではなく、このコアコンピテンシーはすべての生徒が学ぶのである。少し考えるとすぐにわかるが、このコアコンピテンシーは、すべての教科を越境できるだけではなく、民主主義の根幹であるからだ。

★だから、PBLを行うことは、それほど難しいことではないのが、カナダの知的文化ということだろう。

Dsc03374

★ただ、BC州では、よりよきPBLのために、教員研修は必須で、充実した研修はいかにしたら可能かと内省しながら取り組まれている。

★リヨ校長先生は、「PBLで、最も大切なのはドライビング・クエスチョン」だという。どのような問いを投げるかで、PBLが浅くなるも深くなるも決まるのである。

★ドライビング・クエスチョンの特徴は、オープン・エンドな問いであり、対話やコラボが必要であり、最終的には根源的な本質的な問いにたどりつくが、そこまでは、多様な身近なドライビング・クエスチョンで思考の道を歩んでいくのである。

★だから、自分で解く、挑戦心や好奇心、自己決定の意志など学びのモチベーションが内側から生まれてくるのである。

★ドライビングということばから、コントロールされるという意味合いも感じないわけではないが、リヨ校長先生は、それは全く違う、教師と生徒が、いっしょに運転しながら先に進み続けるという駆動力を大切にしているのだという。

Dsc03390

★そして、ルーブリックは、このドライビング・クエスチョン集が、重要な役割を果たしていると。生徒のどんなコンピテンシーを豊かにし、成長を促進していくのか、問いとルーブリック項目が合致した時、最高の力を発揮するという。

★したがって、ドライビング・クエスチョンをつくるミニPBLスタイルに移行した。チームでトピックを出し合いながら問いをつくる。その対話がある程度のところまで進んだら、今度はギャラリーウォークをして、気づいたコトや新たな問いを参加者が相互に追加していく。ここでもコラボレーションが行われている。

★このドライビング・クエスチョンにいたる小問のシークエンスの作り方は、3時間目の授業、児浦先生の「思考力入試」の問いの作り方に相当する。また、PBLの存在意義であるドライビング・クエスチョンを大切にするリヨ校長先生の考え方やマインドは、三田国際の田中潤教頭ともシンクロする。

★世間では、PBLとは何か、効果はあるのかを巡る議論はまだまだあるが、21世紀型教育機構の場合は、効果があることに疑念はなく、PBLを実施する存在理由そのものを共有していくことはいかにしたら可能かということが重要であるということが、改めて確認できた講義だった。

|

2019年5月28日 (火)

21世紀教師の歩む道(02)田中潤先生の「21世紀型教育の市場の作り方」講座

★1時間目の講師は、三田国際の教頭田中潤先生。トピクは「21世紀型教育の市場の作り方」。市場というと、狭義のマーケティングを意味するとおもわれがちだが、田中先生は、広義のマーケティングの視角で語られる。つまり、商品をつくって、価格を決め、流通に流し、販売促進をするという一連の流れの話ではない。私立学校でいえば、カリキュラムをつくって、学費を決め、塾や情報誌にリリースし、塾訪問や合同説明会をするということと置き換えてよい。もちろん、それは重要だが、これは市場ができてからの話が中心。

★広義のマーケティングとは、そういう狭義のマーケティングが行える多様な関係総体=そのものやそのサービスを分かち合う信頼関係の総体を創り上げるという話なのだ。大げさに言えば、実は、「世界の創り方」ということ。

Dsc03313

★田中潤先生は、自分の最近こっている料理の話やダイエットのエピソードで会場をリラックスさせ、それが今日の話なのだと、異質のものをつなぐ意外性から話を始めた。参加者は、いきなり潤ワールドのトリコになった。つまり、この段階で、21世紀型教育の市場の作り方の極意は伝授されたわけである。

★いったい何が起こるのだろう?なぜそんなことを言うのだろう?といった?マークの数が頭の中いっぱいになるのである。興味と関心、好奇心、料理の作り方と市場の作り方という越境的な開放的精神。すべてはここから突き動かされる。


Dsc03264

★あのジョブスがApple社に返り咲いて、倒産寸前のApple社を救い現在のApple社の土台を築き上げたのだが、その最初につくったCMが、あの有名な“Think different”。商品の乱立で哲学が見失われていたApple社に、商品のプロモーションビデオではなく、Apple社の哲学、しかもそれは独りよがりではなく、マーケットのすべての参加者に共感を得るものを発信した。人と違う言動をする人を、人はクレージーと呼ぶ。しかし、私たちは、天才と呼ぼう。そして、それは自分の考えを深めとことん実行していくあなたもそうなのだ。そして、それは世界を変えることになるのだと。

★コンピュータは、一人一人が世界を変えることができるとワクワクしている人々に、そのメッセージは伝わったわけである。こうして、Apple社の製品が特別なものではなく、日常に欠かせない当たり前のものであるという存在感を生みだしたのだ。

★いまでは、Apple社は、ゴールデンサイクルといって、中心から外へ広がる「Why→How→What」という考え方に置き換えていて、わかりやすいアップル社の手法になっている。

★田中潤先生は、この市場を創る哲学の感覚を軽く紹介し、実際にチームで対話するミニPBL型の講義を開始した。21世紀型教育機構でも話題になっているSTEAMの中のAの働きや効果についてまず話し合い、それを実現するのにどうしているのか尋ねた。最後にどうしてAを行うのかと。

★つまり、ゴールデンサイクルの外側から中心に思考していくミニPBLで、すこんと根本的な市場の作り方の肝に行き着いたのである。

Dsc03327

★そこからは、この考え方を深める多角的な視点を説明され、それをどのように現場に落とし込んでいくのか、三田国際の思考コードなどで説明された。

Dsc03334

★そのうえで、狭義のマーケティングではなく、広義のマーケティングを行える組織開発の話に動いていった。最新のマーケティング理論や組織開発の理論を紹介しながら、これらの理論が実践できるPBLのエッセンスを伝授していった。結局は、PBLとは何かというより、なぜPBLなのかを問いたいということだったのだろう。

Dsc03337

★そして最後は、サムエル・ウルマンの「青春」の詩で締めくくった。

青春とは人生のある期間を言うのではなく心のありさまを言う。
優れた創造力、逞しき意志、炎ゆる情熱、怯えを退ける勇気、
安易を振り捨てる冒険心、これを青春という。
年を重ねただけで人は老いない。理想を失う時に初めて老いる。

★すてきなメッセージだ。ちなみに、これはリーダーズ・ダイジェストに掲載した時のもので、オリジナルの詩では、次の文言が入っていた。

ときには、20歳の青年よりも60歳の人に青春がある。

★還暦をとうに過ぎた私にもまだ「青春」はあるということだろう。「創造力」「意思」「勇気」「冒険心」「理想」これらは、みなPBLを象徴する言葉である。PBLとは歳を超え世代を超えて「青春」という愛と希望を生み出す学びなのであろう。

★私のみならず、世代の違うそれぞれの参加者に愛と希望が広がった講義だった。

|

2019年4月 9日 (火)

21世紀型教育の意味(04)クリエイティブ・クラスを輩出するキャリア・デザイン

★21世紀型教育のキャリア・デザインの醍醐味は、クリエイティブ・クラスを輩出するところにある。この教育は、東大初綜理加藤弘之の生み出した≪官学の系譜≫とは違い、加藤弘之と対峙した≪私学の系譜≫の第1世代の福沢諭吉や在学時代に加藤弘之と論戦した≪私学の系譜≫の第2世代石川角次郎(聖学院初代校長)の私学人の精神が脈々と生き続けている。

★≪私学の系譜≫の第1世代と言えば、他に、江原素六(麻布の創設者)、新島襄(同志社創設者)、そして、今度1万円札になるらしい渋沢栄一など。第2世代と言えば、他に新渡戸稲造、内村鑑三、高橋是清(開成初代校長)が超有名。

Photo_12

(麻布のOB齋藤佳太氏作の「劇」上演の時に配布された。若きアーティストにも≪私学の系譜≫の知/血が流れている。)

★≪私学の系譜≫のクリエイターは、今でいう学歴社会などまったく関係なかった。啓蒙思想、キリスト教、仏教など、加藤弘之やその仲間である法律進化論者と対峙する発想がコンコンと湧いていた。これは、現在の国連が黄金律は、宗教・民族・人種などを超えて共通する精神であるとしているのと一致している。

★加藤弘之を引き合いに出すのは、彼自身、福沢諭吉と啓蒙思想を共有して当時のメディアで活躍していたのに、東大初綜理になるや転向し、啓蒙思想を蒙昧思想として普遍的原理を排除する社会進化論(デューイや米国のプラグマティズムとは違う)を展開、私学を追い詰める政策の正当化理論を打ち建てた。中江兆民のルソー学校が壊滅されたのもその流れだっただろう。

★それはともあれ、麻布出身者齋藤佳太氏と出遭ったのは、もう15年くらい前だろうか。あの当時麻布出身者との出遭いが多数あって、PBLプログラム創作や今でいうファシリテーターやジェネレーターであるラーニング・アドバイザーの役割形成のプロジェクトを楽しんでいた。

★彼らは、当時氷上校長とよく対話をしていたということもあって、そのとき私も氷上先生とお会いし、≪私学の系譜≫論の影響を受けた。先日齋藤佳太氏から、最近学校ともコラボすることがあってもう一度≪私学の系譜≫について掘り起こしてみたいとメールをもらった。

★麻布と言えば、そのキャリア・デザインが東大と直結するのは受験市場での話で、人間力という教養マーケットでは、クリエイティブクラスの輩出ということであろう。クリエイティブ・クラスとは自然・社会・精神のトータルな世界を創造する人材。

★21世紀型教育のキャリア・デザインは、このクリエイティブクラスを輩出する≪私学の系譜≫がマインドセットされている。

|

2019年4月 8日 (月)

21世紀型教育の意味(03)海外大学準備教育も超える。

★ミネルバ大学のことはあまりにも有名だ。同大学の学生のクリティカルシンキングの力は全米一位だというから凄い。そして、21世紀型教育機構の教育理念とシンクロしているところもいっぱいある。そう考えたとき、21世紀型教育における中等教育は、このような大学に接続することであり、何も20世紀型大学につながることだけを目指す必要はないしという発想が、メンバー校で湧いている。それだけではなく、そもそも今ある大学から選択するという発想が21世紀型教育ではないという発想までも沸いているのである。

M


★現状の大学に接続することは、21世紀型教育機構加盟校にとって、ある意味、プロクルステスのベッドである。かといって、海外大学進学準備教育で解決するかというと、特に米国や英国の大学は学費が高すぎる。

★限界費用ゼロ社会になるとしているときに、そんなに高い学費は、本当に未来の投資になるのだろうか。もちろん、国内の大学の接続に中高時代の才能教育を捨てざるを得ないような事態があるとするならば、海外大学にいくしかないかもしれない。

★しかし、私たちは、ミネルバ大学を見習うべきではないか。既存の国内外の大学に高校生を進ませる道のみしかないわけではなく、起業と同様、ミネルバ大学のように高等教育機関を新しく作ってしまえばよいのだ。

★まあ、そう簡単にはできないが、野心はもっていたほうがよい。そうメンバー校の幾人かの校長は野心を抱いている。実際にミネルバ大学が出来ているのである。9月にジャック・マーがアリババを去る時、もしかしたら彼は新しい大学を創るかもしれない。ミネルバ大学という前例に続く動きがもっとあってよいはずだからだ。

★限界費用ゼロ大学へ。時代は変わる。既存の高大接続しか考えないキャリアデザインはもはや賞味期限切れだろう。

|

2018年9月13日 (木)

【PBL】 4つのタイプ

★「アクティブラーニング」とか「PBL」とか「主体的・対話的で深い学び」とか表現は違うが、考えるプロセスやエッセイライティング、プレゼンテーションを大切にしていることは共通しているだろう。つまり、3X(eXplorer=探求、eXchange=議論、eXpress=表現)がベースであることに変わりはない。しかし、表現が違えば、違いもある。それについては、いずれ述べるとして、ここでは3X型の学びの4つのタイプについて触れたい。

Pbl

続きを読む "【PBL】 4つのタイプ"

|