ランキング

2021年9月 1日 (水)

学校の変わり<型>が見えてきたかもしれない

★8月のホンマノオト21のアクセスランキング50を見ると、学校が劇的に変化することに興味を持っている方が多いことは今までと変わらないのですが、変わるタイプ、ここでは変わり<型>と呼びますが、その型が幾つか定まってきたような気がします。教育が21世紀型教育になっていくことはもはや言うまでもないのですが、その21世型教育のタイプがだいぶはっきりしてきました。ランキング50までの記事を分析して、いずれそれをっきりさせようと思います。

Sgt_20210901040301

1:三田国際学園 世界の学校へ突き抜ける 2027年中学受験地図はガラリと変わる。
2:ポストパンデミック(02)2027年首都圏中学入試の地図が変わる:
3:正しい21世紀型教育 静岡聖光学院の進化の意味
4:茨城モデルの北風があるいはエネルギー型太陽が2027年の首都圏中学入試を...
5:石川一郎先生と明日対話 探究やPBLやマインドフルネスの本当の新しさを対...
6:GLICC Weekly EDU第41回 鈴木さんとのスペシャルダイアロ...
7:高校の21世紀型教育の今(02)21世紀型教育研究センターの多様なPBL...
8:【響】<10>総合型選抜の意味 men for others としての<...
9:高校の21世紀型教育の今(01)2つのGマインドセットがやはり大切: ホ...
10:ポストパンデミック(01)メタバースの世界構築へ 首都圏模試や工学院にみ...
11:聖学院 善きサマリア人のたとえを社会実装 グローバルイノベーターが生まれ...
12:学習塾・習い事の可能性 日本の大衆民主主義の期待値: ホンマノオト21
13:富士見丘 中学入試市場で最も注目される私立中高一貫校(01)注目されてい...
14:ポストコロナ時代の教育(17)開智望小学校・中等教育学校の挑戦。
15:聖学院 8月28日 思考力セミナー注目!
16:思考コードがつくる社会(07)ブランドを切り崩すブランド戦略 洗足 vs...
17:21世紀型教育機構 SGTの躍動が日本を変えると実感
18:2021年変わる中学入試(14)海外大学へそして偏差値至上主義の無化へ加...
19:工学院の田中歩先生と対話 好奇心旺盛になるPBL授業
20:東大合格実績2021から見えるキャリアデザインの特殊化と普遍化の2極化(...
21:セカサク・ワークショップ(01)多様なアプローチが1つの理解に到達するこ...
22:本日及び明日 かえつ有明と和洋九段女子の教師と生徒のみなさんが、小学5-...
23:GLICC Weekly EDU第41回 鈴木さんとのスペシャルダイアロ...
24:石川一郎先生とのメタファー対話の意義 「北風と太陽」のメタファーで教師の...
25:富士見丘 中学入試市場で最も注目される私立中高一貫校(02)巧まずして飛...
26:学校選択を考える(01)偏差値と大学合格実績で考えて問題ない。ただし、学...
27:セカサク・ワークショップ(02)ネルソン・グッドマンの発想実装に挑戦: ...
28:【響】<11>ヒロシマ・ナガサキ・終戦をリフレクションする8月そしてフク...
29:高校の21世紀型教育の今(03)ダイナミック思考に転換できるか?!つまり...
30:2021年中学入試情報(39)横浜創英 応募者総数 前年を上回る!工藤勇...
31:【響】<13>New Nature Cityへ 着々
32:2021年中学入試情報(07)かえつ有明が躍進するわけ 1月29日、副教...
33:New Power School(04)八雲学園 はやくもUPAAの成果...
34:洗足学園 今年も人気 その理由の向こうに見える時代のウネリ。
35:【響】<12>自分とは何か座標
36:工学院の卒業生仲野想太郎さんとの対話
37:文化学園大学杉並の染谷先生 New Power Schoolの価値と作り...
38:世界のエスタブリッシュスクールの教育を大衆化した日本の学校 谷本真由美さ...
39:聖学院 思考力セミナー まるでダ・ヴィンチ・プロジェクト
40:【響】<14>New Nature Cityへ フィリップ・デスコラ b...
41:World Makingの時代(01)2089セカサク覚書
42:富士見丘 中学入試市場で最も注目される私立中高一貫校(03)教師の育てる...
43:【ザ教師】 児浦良裕先生 <私>を捨てて時代を創る
44:思考コードがつくる社会(15)総合力の栄光、英語の聖光、安定した進学校浅...
45:サレジアン国際学園 川上武彦先生語る New Power Schoolと...
46:2021年中学入試情報(11)フェリス女学院応募者増の意味
47:2020年麻布の入試問題 やっぱり傑作!
48:2021年変わる中学入試(02)英語入試広がる。江戸川取手インパクト。実...
49:2021年中学入試を読み解く準備(9)今年も、東洋大学京北中学高等学校の...
50:教育のアップデート~2022年に向けて(20)2089年から世界を創るコ...

 

|

2021年8月 3日 (火)

ポストパンデミック(02)2027年首都圏中学入試の地図が変わる

文化学園大学杉並の在校生が、自らの意志でオンライン学校説明会を行います。同校サイトで、在校生はこう語ります。「先生から言われたことではなく、「生徒自身の目線」で本校のことをお話しします。​パンフレット・HPに載っていないことや、普段の説明会でも話さないようなこともお話しします」。

Bunsugi

★もちろん、学校側を説得して行うわけで、それを認める学校と生徒の自分の学校の誇りとの間に深い良好な絆があることがすぐにわかります。

★この信頼関係が背景にあるからこそ、このような説明会が開催できるのは、言うまでもありません。

★そして、この信頼関係は、自信の裏返しでもあります。このような活動が出来る学校が、伸びないわけはありません。先月の本ブログのアクセスランキングでも、同学園の染谷先生を紹介したページは11位です。また同校のダブルディプロマについて紹介しているページは3位です。

★同学園の勢いを感じます。そして、同時に6年後の同校の中学入試における偏差値ランキングは、かつての鴎友学園や洗足、広尾、三田国際のように上位に参入することが予想できます。

★偏差値ランキングという指標が、6年後の2027年に存在しているかどうかは、予測不能ですが、存在していたとしたら、偏差値の上位に入る条件は、大学合格実績です。これはもはや文杉はどんどん実績をあげていますから、条件を満たすでしょう。

★しかし、同時に海外大学の実績も必要になってきます。今のところ大学受験業界は、偏差値にこの要因を積極的に入れていませんが、開成、海城、湘南白百合、広尾学園、洗足学園などが海外大学進学に道を開いています。そして、文杉はすでに破格の海外大学進学実績を出しています。

★しかも、文杉をはじめとする21世紀型教育機構の加盟校等もこの路線を牽引しはじめています。

★国内外の大学合格実績は偏差値上位のポジショニングを決める大きな要因になるでしょう。

★そして、この国内外の大学合格実績の意味は質的なコペルニクス的転回を果たします。これによって、偏差値ランキングとは別のランキングが生まれます(汗)。

★これを加速させるのが、地政学的な日本の初等中等教育学校の有意性です。文科省は2013年からそれを暗黙の了解として進めています。それがIB200校計画とB2英語を高校卒業時の目標に掲げて始めているところから推測できます。

★というわけで、2027年は、首都圏の中学入試における偏差値ランキングの地図は大幅に変わるだろうし、偏差値ランキングという指標自体が変わるかもしれません。

★この辺りは、今週8月6日(金)、GLICC Weekly EDUで、主宰の鈴木裕之さんと対話したいと思います。

★先月の本ブログのアクセスランキングベスト20は以下のようになっています。変化の予兆のラインナップでもありましょう。

1:受験の世界を変える首都圏模試センター(01)中学受験雑誌「shutomo...
2:サレジアン国際学園 川上武彦先生語る New Power Schoolと...
3:2021年変わる中学入試(14)海外大学へそして偏差値至上主義の無化へ加速 三田国際のデュアル・ディプロマ参入の意味..
4:New Power Teacher(03) 児浦先生、田中歩先生、新井先...
5:教育のアップデート~2022年に向けて(29)新しい学校選択視点 <同窓...
6:21世紀型教育機構 次世代SGTのためのPBL授業の共創ワークショップ開...
7:教育のアップデート~2022年に向けて(28)グローバル進路プログラムが...
8:New Power Teacher(04) 次世代SGT(スーパーグロー...
9:New Power Teacher(01) 神崎先生 越境知のスーパーバ...
10:前嶋校長かえつ有明を語る 開かれた言葉の力 
11:文化学園大学杉並の染谷先生 New Power Schoolの価値と作り...
12:三田国際学園 世界の学校へ突き抜ける 2027年中学受験地図はガラリと変...
13:教育のアップデート~2022年に向けて(30)新しい教師続々出現 最先端...
14:サレジアン国際学園のPBLの暗号解読
15:教育イノベーションに、「思いやり」が必要なわけ
16:21世紀型教育機構のワークショップ 緊急事態宣言発令に伴いオンラインワー...
17:New Power Teacher(05)阿弥先生の算数の授業 言語と数...
18:New Power Teacher(02) 太田晃介先生 知のクリエータ...
19:【響】<05>知識と精神のシンプルな統合の時代 数学的思考が大切。: ホ...
20:教育のアップデート~2022年に向けて(26)広尾学園の海外大学進学実績... 

|

2021年3月29日 (月)

2021年度の教育動向(01)3月のアクセスランキングから見えるコト①工学院と八雲記事の高注目の背景 18歳成年に向けて。

★2021年の教育動向をウォッチングしていくことは、とても重要です。というのも、2022年4月1日に18歳で成年になると改正された法律が施行されるからです。高校を卒業すると同時に成年です。学習指導要領や大学入試改革の話題がこの点を無視して行われていることはないでしょう。高校を卒業するまでに、単純に学習指導要領で定められた学習項目を達成すればよいということではありません。成年としてどんな人間像を思い描くのかが重要になります。普遍的精神を抱くことと同時に、個人の才能を社会に活かせる能力が必要です。

Img_0716

★では、いったい成年としての人間像とはどう考えていけばよいのでしょうか。それは、2021年3月の本ブログのアクセスランキング50位までを眺めると、その中にヒントが見え隠れしています。たとえば、工学院と八雲学園が、次のリストの中で注目されています。工学院は、5位にランクインし、八雲学園の記事は6つが50位以内に入っているのです。注目の理由は、両校の共通する点にあると思われます。

1:品川翔英 教師の一体感が溢れでる。国語科拡大研修で。
2:2021年変わる中学入試(14)海外大学へそして偏差値至上主義の無化へ加速 三田国際のデュアル・ディプロマ参入の意味
3:東大合格実績2021から見えるキャリアデザインの特殊化と普遍化の2極化(02)麻布、西大和、洗足、横浜雙葉、日比谷、横浜翠嵐、浦和
4:洗足学園 今年も人気 その理由の向こうに見える時代のウネリ。
5:New Power School(04)工学院の進化 多様なPBL&そのわけ
6:東大合格実績2021から見えるキャリアデザインの特殊化と普遍化の2極化(01)
7:思考コードがつくる社会(15)総合力の栄光、英語の聖光、安定した進学校浅...
8:New Power School(07)聖学院の大学合格実績が飛躍している理由 好奇心・進歩的学び・グローバルマインド・パトス
9:2020年春の大学合格実績(3)鴎友学園女子
10:2021年中学入試を読み解く準備(6)基礎情報⑥東京男子校の帰国生入試。...
11:思考コードがつくる社会(07)ブランドを切り崩すブランド戦略 洗足 vs...
12:東大合格実績2021から見えるキャリアデザインの特殊化と普遍化の2極化(...
13:2021年中学入試情報(07)かえつ有明が躍進するわけ 1月29日、副教頭佐野先生をお招きし対話する予定です。
14:New Power School(04)八雲学園 はやくもUPAAの成果...
15:New Power School(02)進歩主義的で普遍主義的だからこそ...
16:New Power School(03)富士見丘 生徒1人ひとりがグロー...
17:2021年中学入試を読み解く準備(9)今年も、東洋大学京北中学高等学校の...
18:New Power School(05)聖学院 今春の卒業生が贈る言葉「...
19:New Power School(01)八雲学園 豊かで本質的なキャリア...
20:2021年変わる中学入試(02)英語入試広がる。江戸川取手インパクト。実...
21:八雲学園 共学1期生男子 プレゼンで人の心を動かす術教えます(1)
22:GLICC Weekly EDU(25) 静かに変わる大学入試問題 思考...
23:キャリアガイダンスVol.436 自由の見えない枠組み
24:GLICC Weekly EDU(27) 大妻中野教頭諸橋先生 グローバ...
25:トランジション指標(01)人生の転機を生かす力
26:2020年からの中学入試(23)STEAM教育を実施している学校を探そう...
27:2021年中学入試情報(45)文京隣接地帯に衝撃走る。広尾学園小石川 京...
28:2021年中学入試情報(11)フェリス女学院応募者増の意味
29:「教育とは生き方そのもの」へシフト(01)グレートリカバリーの意味
30:2021年中学入試を読み解く準備(2)基礎情報②東京男子校の実受験者率に...
31:八雲学園 共学1期生男子 プレゼンで人の心を動かす術教えます(2): ホ...
32:wish自由とwill自由(01)争い事と交渉事
33:女子美 STEAMが中心の女子校
34:2022年中学入試の展望(02)2月1日から7日間で見えるコト❷
35:New Power School(06)文化学園大学杉並 オンライングロ...
36:GLICC代表鈴木裕之さん なぜグローバルアドミッションの時代なのか?!...
37:ダイアローグとシステム思考と哲学(01)リバタリアン・コミュニタリアニズ...
38:2020東京大学合格発表の季節(2)海城・西大和の躍進は序列を崩すか?私...
39:大学入試問題とトランジション(12)浜松医科大学の生物 システム思考の有...
40:八雲学園 共学1期生男子 プレゼンで人の心を動かす術教えます(3)
41:大学入試問題とトランジション(13)大学入試問題の意義 2022年から1...
42:2020年麻布の入試問題 やっぱり傑作!
43:品川翔英 期待値を超える(03)なんでもできる恐れのない学校 受験生への...
44:八雲学園 共学1期生男子 プレゼンで人の心を動かす術教えます(了)在校生...
45:ポストコロナ時代の教育(17)開智望小学校・中等教育学校の挑戦。
46:ダイアローグとシステム思考と哲学(02)聖学院に有る学習する組織を卒業生...
47:2022年中学入試の展望(01)2月1日から7日間で見えるコト
48:2021年中学入試を読み解く準備(4)基礎情報④東京共学校の集まり方に変...
49:聖パウロ学園の発想と実践(01)ワールドメイキングのためのクリエイティブ...
50:21世紀型教育機構の世界性(02)Zoomセミナー New Power ...

(2021年3月1日から3月28日までのホンマノオト21のアクセスランキングから)

★その共通点とは、両校ともラウンドスクエア加盟校であり、UPAA(海外協定大学推薦制度)の加盟校であり、21世紀型教育機構の加盟校です。

★これは、たんに英語力育成に力を入れているということを意味しません。たしかに両校とも破格の英語教育であることは間違いありませんが、これらのコミュニティはいずれもグローバルクリエイティブ市民を育成することがビジョンとして存在する機関です。学習指導要領では、自律して主体的に行動する姿勢が重視されていますが、高校ではそれはグローバルクリエイティブ市民としての当然の話なのです。

★両校は、これらのコミュニティに学校が参加しているのですから、一部の生徒のみがその恩恵に浴しているわけではないのです。すべての生徒にそのような市民として活動する機会が開かれているのです。ここが大切ですね。

★ですから、すでに両校で学ぶと、自然と18歳で成年になる人間像が、生徒1人ひとりにすでに意識されているというコトを意味します。エッ?!なぜ?と思うかもしれません。ちょっと目線を世界に拡張してみてください。

★世界では、多くの国で18歳は成年なのです。市民として大統領を選挙する権利を認められている国も多いですね。選挙権に関しては、2016年6月からすでに日本も認めらています。

★2022年に高校の社会科が大幅に変わります。法律改正にタイミングがあっているわけですが、いよいよ政治経済社会に対する市民としての意見を知識としてのみ学ぶのではなく、権利実装として学ぶ時代がきたということです。

★両校は、すでに18歳成年の国々の生徒とディスカッションやボランティアなど活動を開始しています。

★本ブログ「ホンマノオト21」をお読みいただいている方々は、このような視点をお持ちの方が多く、進取の気性の精神に富んでいますから、両校のような学校の重要性に気づいているのです。

★当然この動きを実行するには、New Power Schoolでなければなかなか難しいわけです。大学受験勉強をして、MARCH以上の大学に何人合格させるかという教育は、それ自体権利の視点から見れば、妥当性を欠くかもしれなくなっているのです。グローバルクリエイティブ市民としては、格差を広げる活動は見直さなければなりません。学歴社会は経済格差をもたらすだけではなく、その社会を認めること自体が民主主義に反する行為であるかもしれないからです。

★つまり、2022年18歳成年が施行されるにあたり、進路指導やキャリアデザインは本質的なところから見直す必要がでてきます。私の言っていることがおかしいとは、もはや法実証主義者は言わないでしょう。もし言ったなら、法律に反することを言うことになるからです。言論の自由は、民主主義的な法の枠の中でのみ保障されます。

★民主主義的な法律に反する表現の自由は自由というかどうか、説明するまでもないでしょう。

|

2021年3月14日 (日)

wish自由とwill自由(01)争い事と交渉事

★世の中は、いつも自由と規制の葛藤で混乱を生み出します。これは解決困難で、できたためしがありません。ですから昔から種類や方法は千差万別ですが、争いごとは絶えないわけです。しかし、同時にそればかりだと、人類は滅んでいますからそうなっていないということは、交渉をしながらなんとか均衡を保つ時間があるということです。

★そのうちに、解決する争い事もあれば、別の新しい争い事が起きることもあるというわけです。再び交渉がはじまるわけです。壮大な歴史も人生としての歴史も、争い事と交渉事の連続であるわけです。それゆえ人生は物語そのものなわけです。そして、この交渉事が対話術によって行われる時、均衡の時間は長持ちします。これについては、いずれ述べます。

【図1】

Wish

★さて、争いが絶えないのは、個人が普遍と特殊をどう考えているか違うからです。普遍を社会、特殊を個人と置き換えたとき、社会の中の個人としてとらえることもできるし、その社会の中に納まっているのは窮屈だ、そんなの関係ないと社会と個人は別々だと捉えることもできます。

★この考え方の違いで争い事が起こるわけですね。中世以来の普遍論争という哲学的闘争もその一つです。哲学論争であれば、それは議論として尊重していられるわけですが、ことそれが戦争となるとただ事ではないのです。この違いが宗教戦争を起こしていたことは、世界史を見れば明らかです。

★ですから、議論や戦争に一定の解決策を講じるために交渉をする時間というのが必要だったのです。デイヴィッド・ヒュームが倫理の条件に時間をセットしたのは、まさに当時の経験の観察からでてきたのでしょう。ヒュームに限らず、哲学者たちは、戦争とパンデミックにいつも迫られていたからです。そして、この環境は今も続いていることは、いまここで私たちが実感していることです。したがって、この倫理と時間の問題は現代社会でも継承されています。交渉にかける時間を重ねることの重要さですね。

★授業は交渉というより、対話ですが、この対話なき長時間の講義形式の授業は、実は倫理上問題だという気づきも生まれつつあります。オンライン授業の中に対話のシステムがなく、オンディマンドだけだと何か変だと大学の学生はクレームをあげます。今回のパンデミックで、それはメディアでもSNS上でもあふれました。これを無視すると倫理上の問題が起こることは、もはや説明するまでもないでしょう。

★何か事件が起きたとき、初期対応で謝罪が送れると、法律上の訴訟はあまりおきませんが、倫理上の問題は追究されます。この謝罪が交渉術的にとらえるか対話術的にとらえるかで、また問題の現れ方は違いますが、それについては、また改めて。ともあれ、時間というの概念は、たんなる物理的な意味だけではなく、倫理的なそしてもちろん感情も関係しているわけです。このような時間概念をもつかどうかで人間かそうでないかが区別できるかもしれない程です。

★というわけで、上記の【図1】のように、普遍と特殊の集合論的な関係は、対話によって循環するわけです。この図の中には、3つのタイプの関係があります。違うタイプの考え方をしている社会と社会、個人と個人、社会と個人が対立するわけですから、交渉によって、つまり、この考え方をグルグル回していくうちに3つ目にステップアップすることで、普遍性と特殊の共通点を見出すことができます。ここでようやく、妥協していくというわけです。こうして、自由の安心安全が紡がれるわけですが、これはしかし、油断していると、もとに戻ってしまい、また交渉するということの繰り返しになるわけです。

★元の木阿弥なんて言葉がすでに存在しているわけですし。

★これは、常に一つのタイプを続けていると自由になりたいという意志がこみあげてくるからですね。この自由を私はwish自由と呼びたいと思います。今の束縛、つまり共通性という普遍性から逃れたいという自由ということです。

★これに対し、wish自由はローカル普遍に自分を適合したいとか適合させたくないとか、普遍に適合させる自分の自由にこだわっているのに気づき、なんだそもそもローカル普遍を見直して、新しい普遍を創ってしまえというのが、will自由です。

【図2】

Will

★【図2】のように、wish自由の循環から飛び出るわけですね。起業家精神が大事だなんていうのがトレンドなのは、wish自由からwill自由へということでしょう。創造思考が大事だとかアート思考が大事だとかプロジェクト思考が大事だとかいうのもそうですね。

★wish自由循環は、演繹推論と帰納推論で正解がある程度あります。しかし、will自由は、正解はありません。あくまで仮説推論です。したがって、wish自由論者から見れば、訝し気に思われてしまうのは、will自由論者の運命なのです。

★しかしながら、運命に身を任せていると、will自由論者は独善的・独裁的になりがちです。万能感に溺れると大変なことになります。自分ひとり溺れているうちは問題はありませんが、普遍性を創るわけですから、周りも巻き込まれます。それゆえ、クリエイティブシンキングには、クリティカルシンキングが欠かせないということです。2つのWと2つのCがダイナミックに交差するのがシステム思考なのです。

★完璧なwill自由とか完璧なクリエイティブシンキングとか、多/他から独立したものを求めると、関係を断ち切る要素還元主義に自ら陥没していくのです。

|

2020年11月 1日 (日)

10月アクセス数から考える~ガウス平面を加えるとやはり麻布入学生は特異点。そして、同様に聖学院の思考力入試入学生や開成の海外大学進学生も。

★10月のアクセス数ベスト50位をみると、沸騰受験列島のこの時期らしい業界のニーズが投影されています。総合型選抜の小論文などに関する記事、中学受験の記事、人気校の記事がランクインしています。ホンマノオト21は今1,480の記事が掲載されていますから、50位というのは全体の3%です。ロングテール的には、20%の300位くらいまでみるとよいのでしょう。しかし、本ブログは、60%が首都圏からアクセスしています。

4_20201101064101

★首都圏の私立中高一貫校入学数は、同年齢の3%です。ですから、3%以下に絞っていくほうが、傾向が鮮明に出やすいのです。もっとも、あくまで、ホンマノオト運営上の経験値からの仮説です。ともあれ、ようやく50位が3%になったので、これから記事を積み重ねていきますから、このアクセス数分析というか解釈は、ますます鮮明先鋭になっていくはずです。

★ホンマノオトは、私にとって市場分析の重要なデータ集でもあります。アクセス数とかPV数ではんくて、UU(ユニークユーザー)が17,000人で、11月から3月にかけて、倍になります。私立中高一貫校の情報が多いので、やはり中学入試にかかわる方が圧倒的に多いですね。首都圏中学受験生50,000人と考えればブログという古いSNSですが、それなりの市場の肌感覚は持てると思っています。

★そんなわけで、10月をみると、1位は「新しい教育社会(09)首都圏私立中高一貫校の革新性のベクトルが3方向に拡張。その背景で、教師の新しい生き方が生まれている。」でした。これは、ちょっとショックでした。

★SNSの性格上、また今までの経験からいって、ダイレクトな学校紹介や入試問題の記事が、べき数(急激に増加する曲線をイメージしてくだください。指数関数的な増加のイメージでもよいです)をはじき出すというのはありましたが、このような抽象的な記事がダントツ一位になるとは思っていなかったのです。

★そんなわけで、このシリーズで書いてきたものを、上記の図のようにまとめました。そして、これに基づいて、GLICC Weekly EDUで主宰者の鈴木さんと対話しているのですが、そのとき感じるのは、どうも麻布がこの座標の中に収まり切れないのです。

★それで、入試問題を分析した思考コード(晶文社と首都圏模試センターが共同して発刊している「首都圏中学受験案内」)のデータに基づき、各校の思考のタイプをグラフ化してみました。

4_20201101070201

★確かに、こうして分析すると、麻布はコンサバ型価値志向のドメインに含まれるのですが、どうもそうはならないと感覚的に思うのです。それで、入試問題のマテリアルを他校と比べると、この要素が決定的に異なるということに改めて気づいたのです。4教科どの教科をとっても、他校にはないマテリアルの扱いなのです。あるとしたら、新タイプ入試です。上記の図のDAVOS型とGAFA型は新タイプ入試の思考タイプですから、麻布は、入試問題の問いの形式上はコンサバ型なのですが、マテリアル全体を見渡すと、実はDAVOS型なのです。

★どう考えたらよいのか?上記の座標系は、実数モデルです。しかし、別に実数を計算してつくっているわけではなく、実態を実数表現でたとえているだけです。ですから、実態は実数からはみ出る部分があります。そういうときは、複素数の軸を使うという発想をすればよいのだとふと気づきました。そうすれば、コンサバ型の実数平面に複素数平面が顕れ、そこが特異点になるはずです。

★麻布の入試問題は、読書量がものをいいます。基本読書に抵抗がある生徒は、麻布は難しいというよりも、麻布を避けますから、結果的に読書好きが多いのです。もちろん、漫画も含めて。でも、ただ、読書量だけ多いというのでは、それは実数発想なのです。複素数平面、いや同じことなのですが、麻布の場合はガウス平面と言った方がよいでしょう。

★そのガウス平面に飛躍するには、読書した後、文章の構造、漫画の編集構造を計算する(思考するということ)クリティカルでクリエイティブな思考が必要です。IBの文学やTOKはこれを重視しています。革新学校の新タイプ入試の中にも同じ質の入試(聖学院の思考力入試問題は絶品)があります。しかし、麻布の場合は、DPに進む生徒や新タイプ入試を受験する生徒だけではなく、麻布受験生全員がそのようなクリティカル&クリエイティブシンキングを必要とされるのです。

★「東大王」で大人気の伊沢拓司さんと「ひらめき王子松丸くん」で活躍している松丸亮吾さんを比較すると、イメージしやすいですよね。伊沢さんは開成から東大、松丸さんは麻布から東大です。個人的なキャラの違いかもしれませんが。

★いずれにしても、麻布のポジショニングは、上記座標系にガウス平面を加えることによって、特異点として位置付けることが可能だということになります。そうすると、開成の海外大学進学者や聖学院の思考力入試で入学した生徒は、同様にこのガウス平面上に位置するということになるでしょう。

1:新しい教育社会(09)首都圏私立中高一貫校の革新性のベクトルが3方向に拡...
2:ポストコロナの大学入試問題(05)2021年以降の小論文の当然のテーマは...
3:2020首都圏中学入試 厳しい受験 vs 選択眼の質向上 SAPIX・早...
4:洗足学園 今年も人気 その理由の向こうに見える時代のウネリ。
5:新しい教育社会(06)桐朋女子「ザ・グレート・リセット」時代に活躍する人...
6:ポストコロナの大学入試問題(02)同志社大学のAO入試&公募推薦が内的な...
7:2021年変わる中学入試(02)英語入試広がる。江戸川取手インパクト。実...
8:新しい教育社会(05)総合型選抜で、実はCASが重要。高1・高2のみなさ...
9:新しい教育社会(10)首都圏私立中高一貫校の革新性の3つのベクトルと学習...
10:【速報】三田国際日本一!N高、開成を打ち破る。「Coca-Cola ST...
11:新しい教育社会(11)私立中高の価値志向に対応した革新教師の4タイプ。:...
12:2021年変わる中学入試(13)西武文理 大胆なクラス名称の変更と算数1...
13:ポストコロナ時代の教育(17)開智望小学校・中等教育学校の挑戦。
14:新しい学校の条件(05)新渡戸文化学園 決定的に新しいsomething...
15:2021年変わる中学入試(14)海外大学へそして偏差値至上主義の無化へ加...
16:思考コードがつくる社会(07)ブランドを切り崩すブランド戦略 洗足 vs...
17:新しい教育社会(14)私立中高の広報の本当の価値とは?
18:新しい教育社会(15)私立中高の各価値志向に対応する広報戦略タイプとは?...
19:新しい教育社会(07)総合型選抜の質が上がる。思考コードで明らかになる。...
20:品川翔英のために 柴田哲彦先生副校長に就任
21:2020年麻布の入試問題 やっぱり傑作!
22:品川翔英の進化(08)国語科の突き抜けるPBL型授業。①
23:2020年春の大学合格実績(3)鴎友学園女子
24:プロジェクトの作り方(01)神崎先生の方法
25:新しい教育社会(12)私立中高の価値志向に対応した組織の4タイプ。
26:2021年中学入試を読み解く準備(6)基礎情報⑥東京男子校の帰国生入試。...
27:新しい教育社会(03)かえつ有明×和洋九段女子 新しいSDGsへ
28:新しい教育社会(08)クリエイティブシステム思考をどんどん身につける小学...
29:工学院インパクト(15)チームSCT!誕生。興味と関心が生まれるパターン...
30:2021年変わる中学入試(11)新渡戸文化学園のハイブリッド説明会 キラ...
31:新しい教育社会(13)私立中高の各価値志向に対応するオンライン授業のタイ...
32:2021年中学入試を読み解く準備(9)今年も、東洋大学京北中学高等学校の...
33:キャリアガイダンスVol.434 未来という言葉、禁止!?今、目の前に向...
34:新しい教育社会(18)21世紀型教育機構のアクレディテーション ブレイク...
35:2021年変わる中学入試(12)新渡戸文化学園のハイブリッド説明会 キラ...
36:2021年変わる中学入試(15)静岡聖光学院 2025年問題を見据えた男...
37:新しい教育社会(16)サブカルの新たな風は学校広報にも影響する。聖学院が...
38:ポスト・コロナショック時代の私立学校(100)駒場東邦の「学校の様子」の...
39:2021年中学入試を読み解く準備(10)立教女学院の人気の理由 骨太の教...
40:聖学院インパクト(07)サイトが語るソフトパワーの拠点「教科学習」
41:工学院インパクト(16)チームSCTのクリエイティブ・コア・ミッションが...
42:2020神奈川の男子校 聖光学院・桐光学園・慶応普通部が突出
43:アサンプション国際中高(01)山根先生のPBL型授業はリフレクションの竜...
44:2021年変わる中学入試(10)保護者の見方・考え方が大きく変わっている...
45:新しい教育社会(01)石川一郎先生と5度目の出会い
46:プロジェクトの作り方(02)神崎先生の探究の方法。思考の内的連関法。①:...
47:GLICC Weekly Edu Youtube限定公開配信 入試文化か...
48:工学院インパクト(14)教務主任田中歩先生の生徒とつくる未来シナリオ: ...
49:武蔵野大中高を変えた校長「日野田直彦」先生。
50:ポスト・コロナショック時代の私立学校(98)海城 4つめのメッセージ 時...

|

2020年10月 1日 (木)

9月アクセスランキング20が示唆するコト

★9月は、菅政権発足と米国大統領選挙など政治経済の話題とGotoキャンペーン、カリフォルニア州の化石燃料使わない宣言、パリの15分都市などwithコロナの話題をメディアは頻繁に取り上げる月でした。withコロナの政治経済が本格的に動き出したということかもしれません。

★一方、初の大学入学共通テストの出願受付がスタート。文科省の目論見はだいぶ外れましたが、2020年大学入試改革は船出。すでに始まっている総合型選抜などでパンデミック対策に向けての変更などもあり、2021年の入試列島シーズンは、パンデミック入試という様相を呈してきたのは確かです。

1_20201001060301

★もちろん、中学入試もその例外ではありません。9月のホンマノオト21のアクセスランキングを20位に絞っただけで、例年とは違う話題や学校に対する新しい関心=新しい価値が生まれているのが了解できます。次に20位まで公開します。1位に記事ではなく、カテゴリー「中学入試」が登場しているのも新鮮です。

★ようやく「中学入試」について集中的に情報収集しようという動きが出てきたということでしょう。

1:中学入試: ホンマノオト21
2:2020首都圏中学入試 厳しい受験 vs 選択眼の質向上 SAPIX・早稲田アカデミー・日能研の実績を通して
3:ポストコロナの大学入試問題(05)2021年以降の小論文の当然のテーマは...
4:【速報】三田国際日本一!N高、開成を打ち破る。「Coca-Cola ST...
5:品川翔英の進化(06)国語科PBL型授業2.0へ 単元テストとPBL型授...
6:洗足学園 今年も人気 その理由の向こうに見える時代のウネリ。: ホンマノ...
7:2021年変わる中学入試(09)山本崇雄先生が仲間と拓く新しい中学入試 ...
8:2021年変わる中学入試(02)英語入試広がる。江戸川取手インパクト。実...
9:思考コードがつくる社会(06)思考コードは裏切らない。三田国際・広尾・都...
10:工学院インパクト(12)グローバルティーチャー高橋一也先生による羨ましい...
11:新しい学校の条件(01)品川翔英は3年以内に新たなポジショニングを生み出...
12:ポストコロナの大学入試問題(07)本日9月1日、SFC 夏のAO入試 面...
13:2021年変わる中学入試(08)BCオフショア認定校の文杉のグローバル教...
14:新しい学校の条件(02)品川翔英がスーパーモデルになるわけ。校長がCOI...
15:ポストコロナの大学入試問題(01)慶応義塾大学法学部FIT入試 変更公表...
16:2021年変わる中学入試(03)パンデミック入試へ
17:2020年春の大学合格実績(3)鴎友学園女子
18:ポスト・コロナショック時代の私立学校(90)カリタス女子、横浜創英、横浜...
19:ポストコロナの大学入試問題(02)同志社大学のAO入試&公募推薦が内的な...
20:2020神奈川の男子校 聖光学院・桐光学園・慶応普通部が突出

 

|

2020年8月 1日 (土)

7月アクセスランキング50

1:2020首都圏中学入試 厳しい受験 vs 選択眼の質向上 SAPIX・早...
2:品川翔英の進化(01)授業を実施するたびに学校が変わる①
3:聖学院インパクト(01)唯一無二の教育スタート!このシリーズは聖学院の新...
4:洗足学園 今年も人気 その理由の向こうに見える時代のウネリ。
5:ポスト・コロナショック時代の私立学校(119)アサンプション国際小学校 ...
6:品川翔英の進化(04)古典の授業の再定義 リベラルアーツとしての古典の授...
7:三田国際 2020年中学入試を終え、目が覚めるような新機軸へ準備整う: ...
8:ポストコロナ時代の教育(15)新渡戸文化中学校のクロスカリキュラム授業「...
9:世界を変える女子校(01)大妻中野 自分の世界を社会と共有
10:世界を変える女子校(03)横浜女学院 CLIL×デジタルシフトからさらな...
11:ポスト・コロナショック時代の私立学校(102)横浜創英 オンラインスクー...
12:2020年春の大学合格実績(3)鴎友学園女子
13:ポスト・コロナショック時代がもたらすコト(38)e-portfolio運...
14:2021年変わる中学入試(01)首都圏模試センター教務陣続々YouTub...
15:新しい女性グローバル市民(01)中学受験市場と中学入試市場の差異を見極め...
16:2020神奈川の男子校 聖光学院・桐光学園・慶応普通部が突出
17:八雲サードインパクト(01)東急線・田園都市線さらなる活性化
18:品川翔英の進化(02)授業を実施するたびに学校が変わる②
19:ポスト・コロナショック時代がもたらすコト(37)巣鴨 日本初 WLSA加...
20:聖学院インパクト(02)GICのコンセプトも唯一無二
21:ポスト・コロナショック時代の私立学校(100)駒場東邦の「学校の様子」の...
22:ポスト・コロナショック時代の私立学校(99)世田谷学園のオンライン 本質...
23:聖学院インパクト(03)GICのキャリアデザインン 社会的インパクトを生...
24:ポストコロナ時代の教育(14)N高100万人計画の背景に 18歳成年と高...
25:品川翔英の進化(03)授業を実施するたびに学校が変わる(了)脳科学も意識...
26:ポスト・コロナショック時代がもたらすコト(35)高橋博理事長 教育出動す...
27:2021年中学入試を読み解く準備(10)立教女学院の人気の理由 骨太の教...
28:ポストコロナ時代の教育(13)アサンプション国際中高 ハイブリッドPBL...
29:新しいコミュニティの誕生(01)一つのリアルなコミュニティではなく多様な...
30:2021年の入試(39)ハイブリッド時空での入試に変容するのは必至。クリ...
31:ポストコロナ時代の教育(01)激変する大学 大学実質消滅?!
32:ポストコロナ時代の教育(11)内田真哉先生に学ぶ 就学前の学びますます重...
33:世界を変える女子校(05)恵泉女学園生活は、新しい時代の都市の有力なモデ...
34:2021年中学入試を読み解く準備(6)基礎情報⑥東京男子校の帰国生入試。...
35:ポスト・コロナショック時代がもたらすコト(39)才能が新しい社会を創る ...
36:ポスト・コロナショック時代に、新しい教育活動を開始する私立学校(23)光...
37:世界を変える女子校(04)神田女学園 多様な才能を開く多様なカリキュラム...
38:ポスト・コロナショック時代の私立学校(98)海城 4つめのメッセージ 時...
39:2020年からの中学入試(23)STEAM教育を実施している学校を探そう...
40:武蔵野大中高を変えた校長「日野田直彦」先生。
41:就学前の教育(01)内田真哉先生のビジョン
42:ポスト・コロナショック時代に、新しい教育活動を開始する私立学校(21)聖...
43:ポストコロナ時代の教育(05)工学院の田中歩先生 オンラインを通してPB...
44:2021年の入試(38)八雲学園 経産省の未来の教室を超える時代の最先端...
45:ポスト・コロナショック時代がもたらすコト(36)日経のシリーズ「教育改革...
46:工学院インパクト(02)複雑適応系組織 森も木も見る構えがポイント
47:工学院インパクト(01)高校生市民がつくるグローバル拠点 GPはグローバ...
48:ポスト・コロナショック時代の私立学校(97)筑駒と攻玉社 オンライン授業...
49:工学院インパクト(03)集団と個人の複雑適応系組織 生徒1人ひとりの価値...
50:PBLの時代(02)PBLはポップ哲学を基礎とする。

|

2020年6月19日 (金)

アクセス分析による緊急事態宣言解除後の小中高関係者の意識

★緊急事態宣言が段階的に解除される過程で、小学校・中学校・高校の関係者(教師・生徒・保護者・塾・メディアなど)の意識も当然変化しています。緊急事態宣言下の5月1日から10日の意識と分散登校が始まり徐々に学校再開になっている6月1日から6月18日のホンマノオト21のアクセス数を分析してみました。下記のグラフのように受験モードが戻りつつあります。とはいえ、「新しい日常」下での「受験モード」です。

200618

★6月1日から18日のアクセスランキング50位までを挙げてみましょう。

1:2020首都圏中学入試 厳しい受験 vs 選択眼の質向上 SAPIX・早...
2:2021年の入試(10)武蔵野大中、新渡戸文化中、横浜創英中、品川翔英、工学院大学附属中の動きに注目!
3:ポスト・コロナショック時代の私立学校(128)品川翔英 突出した未来の学...
4:ポスト・コロナショック時代の私立学校(102)横浜創英 オンラインスクー...
5:洗足学園 今年も人気 その理由の向こうに見える時代のウネリ。
6:ポスト・コロナショック時代がもたらすコト(23)本格的なPBLの時代 突...
7:三田国際 2020年中学入試を終え、目が覚めるような新機軸へ準備整う: ...
8:2021年の入試(05)開成&武蔵のオンライン授業の成績の付け方は、オン...
9:ポスト・コロナショック時代がもたらすコト(26)工学院の田中歩先生の未来...
10:2020神奈川の男子校 聖光学院・桐光学園・慶応普通部が突出
11:ポスト・コロナショック時代の私立学校(120)ノートルダム女学院 分散登...
12:2020年春の大学合格実績(3)鴎友学園女子
13:2021年の入試(07)八雲学園の俊敏かつ緻密な動き パンデミックを乗り...
14:ポスト・コロナショック時代の私立学校(125)聖学院の伊藤豊先生の本来的...
15:ポスト・コロナショック時代がもたらすコト(24)本格的なPBLの時代 突...
16:2021年の入試(12)聖学院インパクト 突出したオンライン説明会×オン...
17:ポスト・コロナショック時代がもたらすコト(25)工学院の教師とZoom対...
18:2021年の入試(06)新しい保護者 ナチュラルシチズンとして学校や教育...
19:2021年中学入試を読み解く準備(10)立教女学院の人気の理由 骨太の教...
20:2021年の入試(08)2021年入試は、桐蔭学園中等教育学校の教育の総...
21:武蔵野大中高を変えた校長「日野田直彦」先生。
22:ポスト・コロナショック時代に、新しい教育活動を開始する私立学校(21)聖...
23:2021年の入試(11)八雲学園 卒業生が帰還し、文化を継承し、新しいシ...
24:2021年の入試(09)八雲学園 卒業生が帰還し、文化を継承し、新しいシ...
25:ポスト・コロナショック時代の私立学校(109)聖パウロ学園 戦略的コミュ...
26:ポスト・コロナショック時代の私立学校(119)アサンプション国際小学校 ...
27:ポスト・コロナショック時代の私立学校(127)ノートルダム学院小学校 新...
28:2021年中学入試を読み解く準備(11)武蔵野大学中高の迅速な対応 オン...
29:ポスト・コロナショック時代がもたらすコト(27)「学ぶ」から「創る」へ ...
30:ポスト・コロナショック時代の私立学校(126)ノートルダム学院小学校 新...
31:2021年の入試(05)思考コード~自分の才能に気づき突き抜ける自分を見...
32:ポスト・コロナショック時代がもたらすコト(28)コンパクトな思考スキルは...
33:2020年からの中学入試(23)STEAM教育を実施している学校を探そう...
34:2021年の入試(16)新渡戸文化のハイブリッド型学習の価値 グレート・...
35:2020年首都圏中学入試の学校選択(04)東洋大京北の場合
36:ポスト・コロナショック時代の私立学校(122)和洋九段女子 良質のハイブ...
37:ポスト・コロナショック時代に、新しい教育活動を開始する私立学校(23)光...
38:ポスト・コロナショック時代の私立学校(123)和洋九段女子 良質のハイブ...
39:ポスト・コロナショック時代の私立学校(108)聖パウロ学園 オンラインダ...
40:ポスト・コロナショック時代に、新しい教育活動を開始する私立学校(63)聖...
41:ポスト・コロナショック時代の私立学校(124)ノートルダム女学院の新しい...
42:ポスト・コロナショック時代の私立学校(121)ノートルダム女学院 分散登...
43:2021年の入試(13)ノートルダム女学院の歴史的インパクト ハイブリッ...
44:2020東京大学合格発表の季節(2)海城・西大和の躍進は序列を崩すか?私...
45:2021年の入試(15)八雲学園 卒業生が帰還し、文化を継承し、新しいシ...
46:2020年麻布の入試問題 やっぱり傑作!
47:三田国際教頭田中潤先生 満を持して「新たな教育理論」を披露!9月1日静岡...
48:【2019年大学合格実績02】東京都市大学附属等々力の躍進の意味。 五島...
49:パンドラのパラドクス シノプティコンを生み出すブロックチェーンの最後のエ...
50:【2019年大学合格実績04】世田谷学園の東大合格者躍進の意味。

★1位の「2020首都圏中学入試 厳しい受験 vs 選択眼の質向上 SAPIX・早稲田アカデミー・日能研の実績を通して」の記事は、確かに中学受験の話です。しかし、学校選択の動向が次のように変わっているのではないかという趣旨で、2月の段階ですでに中学入試の世界もポスト・コロナの動きを予兆しているかのような内容になっています。

<ともあれ、現状は、中学入試は、偏差値競争の場は20%で、80%は教育の質の話です。メディアは、そのうちの20%の領域を中学受験に縮減して報道しがちです。受験生・保護者のクリティカルシンキングという選択眼を磨く自助努力は重要ですね。でも、自助努力はなかなか大変です。多くの学校説明会や特に体験授業に出かけ、実際に学校の先生方と対話することがポイントとなるでしょう。

実際、首都圏では、受験生・保護者―私立中学―塾―模試センターなどの連携・協働して中学入試に臨むようになってきています。合格以上に生き方まで考えるプラットフォームが中学入試マーケットです。中学受験マーケットは、合格のみを考える場です。どちらに移行するかは説明するまでもないような気がします。>

★実際、2位の「2021年の入試(10)武蔵野大中、新渡戸文化中、横浜創英中、品川翔英、工学院大学附属中の動きに注目!」の記事は、入試情報であると同時に、「新しい日常」下での学校選択の新しいウネリについて書いています。

★もちろん、ホンマノオト21は伝統と革新の統合の行方を追っているので、記事に偏りがでてきます。しかし、今までであれば、1位のタイトルのような記事は、この時期はさすがに順位を下げますが、ここにきてもアクサセスされ続けていますから、現状と今後の動向の変化への関心が高いということでしょう。

★しかも、その変化がポストコロナの話ですから、なおさらです。

★入試を通して子供たちの未来のキャリアデザインに想いを馳せるのが、日本の現状の文化でもあります。小中校大の節目節目の入試の変化に関心を持つのは当然でしょう。まして、激変する可能性が大ですから、受験モードのアンテナはどんどん高くなり、高感度になっていくのでしょう。

★だからこそなのかもしれませんが、「ポスト・コロナショック時代がもたらすコト(23)本格的なPBLの時代 突き抜ける人類としての自分へ①」のような記事が6位に入っています。一般にこのタイプの記事は、10位以内に入ることは珍しいですね。というのも、見える情報の収集がブログでは当たり前になっているので、このような目に見えない部分の話題は、煩雑なので、ホンマノオトでは、アクセスランキングは上がらないのが通例だからです。

★私の覚書(すべてがそうだと言われればそうなのですが)として書き留めたものですから、多少驚いています。この驚きも、変化の兆しを示唆しているのかもしれません。

★それから、工学院の田中歩先生と聖学院の伊藤豊先生の記事のアクセス数が多っかったのもある予感がします。すなわち、新たな21世紀私学人の記事が注目されることは次回のダボス会議のテーマであるタレンティズムのウネリにつながっていくはずだからです。

参照)6位「ポスト・コロナショック時代がもたらすコト(26)工学院の田中歩先生の未来質感のすばらしさ!ビジョンを語るカリスマ教師からメタビジョンをマインドセットする共感的教師へ ナチュラルティーチャーの時代到来」

参照)14位「ポスト・コロナショック時代の私立学校(125)聖学院の伊藤豊先生の本来的存在への回帰、この時だからこそ。」

|

2020年4月 1日 (水)

2020年3月ホンマノオト21のアクセス状況から見える世界

★ホンマノオト21のアクセス状況から見える世界とはなんと大げさで、相当なバイアスがかかっていますが、ニッチな世界の一つの傾向ということでご参考まで、ご紹介します。

2003

★3月は刻々と変わる新型コロナウィルス感染爆発防止対策に世界が集中しています。この動きは今後もまだまだ続きそうです。私たちは、いまここでこの状況を乗り越えながら、ポストコロナショックの時代も考えつつ行動しているわけですが、3月のアクセスランキングベスト50のカテゴリー別の分布も、やはりそのような流れを映し出してはいると思います。

★例年は、東大をはじめ大学合格実績の記事が圧倒する3月なのですが、危機迫るときには、世の中はそこがポイントではないと価値づけるのかもしれません。それよりも、今後の生きる力とは何か?それが育つ学びの環境はどこか?が気になるのかもしれません。

★危機の局面でどの価値を優先するかで、本質が見てきます。世界は、今その本質を無視できない状況なのです。さて、ベスト50の記事を次に列挙します。

1:2020年2月ホンマノオト21のアクセス状況から見る2021年中学入試動...
2:2020首都圏中学入試 厳しい受験 vs 選択眼の質向上 SAPIX・早...
3:洗足学園 今年も人気 その理由の向こうに見える時代のウネリ。
4:2021年中学入試を読み解く準備(3)基礎情報③東京女子校の集まり方に教...
5:2021年中学入試を読み解く準備(5)基礎情報➄東京共学校の新タイプ入試...
6:【2019年大学合格実績04】世田谷学園の東大合格者躍進の意味。
7:2020神奈川の男子校 聖光学院・桐光学園・慶応普通部が突出
8:2020東京大学合格発表の季節(2)海城・西大和の躍進は序列を崩すか?
9:感染症に対応する都市機能の変容能力(14)品川翔英 新しい都市創りに新旋...
10:2021年中学入試を読み解く準備(6)基礎情報⑥東京男子校の帰国生入試。...
11:2021年中学入試を読み解く準備(7)基礎情報⑦東京女子校の帰国生入試。...
12:2021年中学入試を読み解く準備(2)基礎情報②東京男子校の実受験者率に...
13:三田国際 2020年中学入試を終え、目が覚めるような新機軸へ準備整う: ...
14:品川翔英の国語科の挑戦(1)PBLの<構造>デザインの共有 普遍的かつ独...
15:2020東京大学合格発表の季節(1)桜蔭⤴麻布⤵か?
16:ポスト・コロナショック時代に、新しい教育活動を開始する私立学校(8)高橋一也先生
17:2020年首都圏中学入試の学校選択(04)東洋大京北の場合
18:2020東京大学合格発表の季節(4)明らかになる東大の功罪?
19:品川翔英のために 柴田哲彦先生副校長に就任
20:2021年中学入試を読み解く準備(1)基礎情報①
21:2021年中学入試を読み解く準備(4)基礎情報④東京共学校の集まり方に変...
22:品川翔英の国語科の挑戦(2)シラバスの<構造>デザインをICTを駆使し共...
23:2020東京大学合格発表の季節(3)良くも悪くも近代官僚知を形成してきた...
24:【2019年大学合格実績02】東京都市大学附属等々力の躍進の意味。 五島...
25:ポスト・コロナショック時代に、新しい教育活動を開始する私立学校(2)第3...
26:感性症に対応する都市機能の変容能力(7)佐野先生と金井先生と対話する。静...
27:ポスト・コロナショック時代に、新しい教育活動を開始する私立学校(4)ノートルダム
28:2021年中学入試を読み解く準備(8)北鎌倉女子が注目される理由 新校長...
29:感染症に対応する都市機能の変容能力(9)佐野先生と金井先生との対話。なぜ...
30:感染症に対応する都市機能の変容能力(11)工学院はZ世代地球市民の才能開...
31:八雲学園の共感力 本当に大事なコト。節度と徳と賢慮が共感の響きを生み出し...
32:ポスト・コロナショック時代に、新しい教育活動を開始する私立学校(3)第3...
33:ポスト・コロナショック時代に、新しい教育活動を開始する私立学校(6)オン...
34:2020フェリスの国語の入試問題 東大の帰国生入試と同じ視座
35:ポスト・コロナショック時代に、新しい教育活動を開始する私立学校(5)聖学院
36:工学院 グローバルプロジェクトが≪Z世代≫1人ひとりのキャリアデザインの...
37:2020中学入試 3つめの動向。高い意識の女子受験生の誕生。
38:感性症に対応する都市機能の変容能力(6)さすがメディア水面下で動きはじめ...
39:感性症に対応する都市機能の変容能力(3)神崎先生と多面的アプローチによる...
40:感染症に対応する都市機能の変容能力(12)工学院はZ世代地球市民の才能開...
41:和洋九段女子のSDGsの活動 優秀賞受賞 その意味の重要性を改めて感じる...
42:感染症に対応する都市機能の変容能力(17)首都圏模試センター「八王子実践...
43:感性症に対応する都市機能の変容能力(5)ノートルダム女学院霜田先生方と生...
44:【2019年度首都圏中学入試(09)】 かえつ有明 アップデート 内生的...
45:【2019年大学合格実績01】聖光学院 東大+京大合格 100名!その意...
46:感染症に対応する都市機能の変容能力(10)工学院はZ世代地球市民の才能開...
47:2020中学入試 4つめの動向 東京の共学校の渦を通して
48:首都圏模試「思考コード」2021(6)A軸(知識・理解)思考を考える①:...
49:ポスト・コロナショック時代に、新しい教育活動を開始する私立学校(9)哲学...
49:【2019年大学合格実績03】巣鴨の東大合格者躍進の意味。
49:アサンプション国際 希望の私学として第二幕を開きます。
49:2020年麻布の入試問題 やっぱり傑作!

★3位の洗足の記事は、2018年9月21日に掲載しています。それが今もアクセスされています。洗足は今や難関校ですが、1980年代はそうではなかったので、その成長ぶりが注目されているのでしょう。もちろん、その成長のエンジンとしての根っこが何か気になっているのでしょう。

|

2019年4月 1日 (月)

3月の人気の項目と学校

★前回、今年の3月のホンマノオト21のアクセスランキングベスト50を掲載したが、中学入試情報や麻布のように複数の記事がランキングに入っているので、カテゴリー分けして、各項目ごとのアクセス数の和で並べ替えてみた。すると、麻布に関する記事が最も多くアクセスされていた。第2位は聖学院。その次に、「学習する組織」「中学入試情報」「PBL」というカテゴリーが続くが、学校としては聖学院の次に工学院、三田国際と続く。

Photo_5

(麻布のサイトから。「青年即未来」という麻布創設者江原素六の精神は、今でも魅力的だ。)

★しかし、ランキングにかかわりなく、ここに掲載されている項目や学校が、今年注目される可能性は大である。

1:麻布
2:聖学院
3:学習する組織
4:中学入試情報
5:PBL
6:工学院
7:三田国際
8:都立中高一貫校
9:八雲学園
10:東京都市大等々力
11:世田谷学園
12:聖光学院
13:巣鴨
14:かえつ有明
15:桐朋女子
16:東洋大京北
17:洗足学園
18:武蔵
19:横浜創英
20:香里ヌヴェール
21:恵泉
22:昭和女子大附属昭和
22:聖ドミニコ学園


|