大学入試

2024年4月10日 (水)

富士見丘学園 副校長に明海大学教授吉田成利先生が就任 学問とグローバル探究の螺旋教育ますます

★2024年4月1日、富士見丘学園の副校長に明海大学教授吉田成利先生が就任しました。これまで吉田成利先生は、理事長補佐・校長補佐として、富士見丘のグローバル探究のプログラムのアドバイス、いやプロデュースを行ってきました。ロンドン大学King’s Collegeの指定校推薦枠を取得したり、イギリスの姉妹校のコーディネート、米国やオーストラリアの海外研修などのコーディネート、模擬国連部のサポート、なんといっても、マレーシアやハワイ、グアム、シンガポール、台湾などの現地の自治体や学校と連携してグローバル探究を進化させてきたわけです。

Yoshida_20240410075001

(写真は、吉田成利先生のfacebookから)

★もちろん、同校の先生方とチーム富士見丘を生み出して進めてきました。組織マネジメントにおけるリーダーとしては、英米で学んだ法学博士として戦略とコモンセンスを両立させていて、筋金入りです。富士見丘の近年の人気と成果が右肩上がりに、吉田先生のリーダーシップは寄与していることは間違いないでしょう。

★吉田先生のプロフィールは明海大学のサイトによると、次のように記載されています。

 学位
博士(法学)2015年10月 ロンドン大学キングス・カレッジ
修士(法学)2016年6月 シカゴ大学
修士(法学)2010年12月 ロンドン大学キングス・カレッジ
修士(法学)2007年3月 慶應義塾大学
学士(法学)2005年3月 慶應義塾大学

主な業績又は職務実績等
The case for abolishing jury trial in the English legal system (2015年、博士論文)
Jury Duty(2014年、King's Law Journal)
Comparison of the Status of the Monarch's Speech in Parliament between the UK and Japan (2012年、King's Student Law Review)  Punishiment, Participatory, Democracy, and the jury (同)
Editor-In- Chief, King's Student Law Review (2013-14年)

★そして、海外大学のご自身の広い学問知ネットワークを同校のグローバル探究と結びつけ、一般にはあり得ない教育の化学反応を生み出しています。

★グローバル教育はどこの私立学校でも広まっています。しかし、校長及び副校長の両者ともが英語が堪能である学校は極めて珍しいでしょう。このことの重要性は、今の受験業界ではもはや容易に想像できるでしょう。

★通訳をつけずに、海外と交渉できるのです。海外からのお客様を生徒と一緒に英語で会話しながらおもてなしができるのです。そして、そのときに、教育理念「忠恕」に象徴されているように、大いに日本文化について共有できるのです。海外の教育パッケージをそのまま受け入れるのではなく、海外と日本の教育の交流ができる基盤が同校には作られているのです。

★「忠恕」を胸に、グローバルな視野のみならず、学問知まで有している副校長の誕生が富士見丘の外生的技術進歩と内生的技術進歩の統合を進めるでしょう。人気や成果の指数関数的な発展もとまりません。

|

2024年4月 8日 (月)

工学院大学附属中学校 教頭に田中歩先生が就任

★工学院大学附属中学校の新教頭に田中歩先生が就任しました。歩先生は、英語科主任→高校の教務主任(他の学校の教務部長)を経て、この新年度から中学の教頭です。同校の組織はなかなかおもしろいのです。中学と高校それぞれに教頭と教務主任がいるのです。対外的に広報のリーダーは「部長」という名称が使われれますが、校務メンバーは「主任」なのです。他校では「部長」と呼ばれるのが通常です。ですから学年主任や教科主任と同じ「主任」なのですが、校務メンバーかどうかの違いはあり、非常にフラットな組織です。大学附属ということもあり、校長が慣例的に外から迎えられますから、学内のチームビルディングがしやすいようにということなのかもいれません。たしかに階層構造があり過ぎると、現場では動きにくいということがあるのは想像に難くないでしょう。

Photo_20240408102601

★多摩エリアというのは、生徒募集という点では、23区に比べあまり有利な条件エリアではありません。同校は高校の定員が中学より多いので、まずは高校の生徒獲得の基盤作りが重要でした。都立優位のエリアで、私立学校で、いわゆる大学実績で突出している学校が多いわけではないので、いかに強烈な特色を出しつつ、大学実績も突出させていくか、が優先順位として高かったのです。

★このエリアで破格のグローバル教育で右に出る学校は、もうありません。そして大学合格実績も進路指導主任の鐘ヶ江先生と学年の先生方とガッチリ、スクラムを組んで、壁を突破し続けています。

★グローバル教育とPBLとその最終形態である探究論文×グローバルプロジェクト(これは有志ではなく全員参加の壮大なプロジェクト)が生徒の人間力を豊かにし大学合格実績も上昇するという手ごたえを先生方が感じるようになりました。

★この進化は止まらないでしょう。そう経営陣は考えたのだと思います。今度は奥津先生を高校の教頭に、田中歩先生を中学の教頭に据えました。

★奥津先生はもともとは数学科の主任で、中学の教頭と教務主任を兼務していました。実は工学院のグローバル教育は本当に破格で、23区の私立学校で工学院と肩を並べられる学校は文大杉並くらいです。どういうことかというと、ケンブリッジインターナショナルスクール認定校が工学院です。これもたぶん日本第1号ではないでしょうか。

★日本の英語教育をベースにした凄い学校はたくさんあるのですが、一部の有志の生徒が海外の高校とダブルディグリーをとるというのではなく、かなり多くの生徒がダブルディグリーに挑戦できるという環境があるのは、工学院と文大杉並くらいなのです。

★ただ、工学院は、工学院の教育=ケンブリッジイナターナショナルスクールの教育となっているので、ディプロマは工学院大学附属1つなのです。だから目だたないのですが、これもまた日本の教育と海外の教育の「融合」の在り方の1つなのです。

★この破格のグローバル教育のうち「言語的精神」の基盤をインターナショナルコースだけではなく、他のコースにも固めようと、田中歩先生がリーダーとして教頭に就任したのでしょう。

★そして、医学部と薬学、都市工学など、ソサイエティ5.0時代に必要な新しい都市創りの高度人材輩出が軌道に乗りつつあるので、文理融合的な「数理的精神」の基盤をさらに強くするべくリーダーとして奥津先生は教頭に就任したのでしょう。進路指導部主任の鐘ヶ江先生も数学科の主任でした。

★そして中野校長が、STEAM教育を中高全体の背骨にしようと担当者と仕掛けているわけです。生成AIとアートがポイントになるでしょう。

★同校は、リベラルアーツという用語は使いませんが、言語的精神、理数的精神、STEAM的精神は、リベラルアーツの現代化に相当します。この三位一体的な精神があるからこそ破格かつ学際的なグローバル教育が成り立つのです。

★そしてこの三位一体は、共感的コミュニケーションの素地があるからこそ循環します。歩先生のもっとも重要にしている教育は共感的コミュニケーションです。だからこそ生徒中心だと言い切れるのですね。工学院大学附属のミッションの言語世界的・工学宇宙的視野は壮大です。

|

2024年4月 7日 (日)

富士見丘 大胆な広報 時を読む

★富士見丘のサイトにはこんな記事があります。「“お得な中高一貫校” レバレッジ度ランキング第1位!」がそれです。同記事によると、

<『週刊ダイヤモンド(2024年4/6・13号)』において、「入学はしやすいのに6年間で学力を伸ばす」大学受験に強い「お得」な学校のランキング、いわゆるレバレッジ度ランキングの首都圏総合 第1位を獲得しました。記事の中で本校は、ここ数年のランキングで常に上位を占める「ランキング常連校」と紹介されています。また、実際の進学先に基づいた「大学別実進学率ランキング」でも、上智大学で第8位、青山学院大学で第10位となり、本校のグローバル教育の成果が示されています。>

Photo_20240407085501

★富士見丘は、気品のある学校です。おそらく10年前ならこのような記事は載せなかったと思います。合格実績は生徒1人ひとりの問題で、それを学校の手柄のように宣伝するのは違和感があるという格式の高い同校はそう判断したものです。そこが塾業界からは近づき難く見られていたという状況があったと思います。

★ところが、今はそのような見方は塾業界にはまったくありません。このような見事な合格実績は事実ですし、なんといっても、卒業生全員で協働的な学びと個人の学びを一体化せてきた生徒たちの努力の賜物だということが学校もわかっているし、何より生徒自身が自らをそしてそういう自分たちが育った母校を誇らしく思っています。

★その一つの証であるなら、このような記事は学校の手柄ではなく、生徒とそして教師と共に創り上げてきた学びの結果の1つとしてたたえ合ってよいのだと学校当局も判断したのでしょう。

★それに最近の同校広報部隊は、したたかでもあります。この記事のレバレッジポイント算出方程式の要素の1つに中学時の偏差値があるわけです。この偏差値が伸びていくとレバレッジ1位はゆらぎます。それはしかたがりません。

★生徒数が倍になり、今のままと同じ実績だと安泰ですが。定員というのは固定したままです。人気と共にどんどん中学入試時点で偏差値も上がります。

★ですから、このような記事を公開するタイミングはまさに「いまここで」なのです。

★それに、人気がでて、今以上に大学合格実績がでてしまえば、このような情報誌の記事を気にしなくてよいわけです。ということはやはり思い切って今公開しようという判断が下されたのでしょう。

★気品と現実のギャップをしたたかに埋める大胆かつ細心の注意を払った広報戦略。さすが、教育理念「忠恕」とイギリス的戦略文化の融合が浸透しています。

★いずれにしてもハイパフォーマンスの強烈なグローバル教育のクオリティを年々あげている先生方です。その心の勢いは感動的です。

|

2024年3月23日 (土)

2024年東京大学と社会(11)世界大学ランキング100位以内の海外大学に合格者が大量に生まれる時代

GLICC Weekly EDU 第166回「中学受験−『個別化と多様性』の時代」で、GLICC代表鈴木裕之さんと対話しました。改めて、東大を焦点とする学歴社会はどんどん崩れていると感じました。学歴社会とは偏差値階層構造社会です。まだまだその階層構造はあるけれど、それは一般選抜で受験する際のあくまでも受験戦略上の確率論にすぎず、どこの大学だから人生がこうなるとかいう価値観はようやくなくなりつつあります。

★たとえば、三田国際などは、東大も入るし、世界大学ランキング100位以内の海外大学もはいります。おそらく年間20人は100位以内の海外大学に合格してしまうわけです。東大は、そのレンジの中のOne of themだというのが三田国際です。

★200位以内にまで拡張すると年間40人くらいは合格するわけです。THEのランキングでは、日本の大学で200位以内にはいっているのは、東大と京大と東北大学です。

★ということは、三田国際のこの現状は、もはや日本の学歴社会や偏差値階層構造社会をはみ出ていることになります。

★文大杉並も東大は入っていないかもしれないけれど、カナダのトロント大学にたくさん入っているわけです。世界大学ランキングでいえばトロントの方が上で、このことはもはや東大何人入ったで、学校の価値が決まるわけではない時代になってしまったわけです。

★富士見丘や聖学院、工学院大学附属、広尾、かえつ有明も同じです。

★東大と早稲田と慶應へという話題もまだまだありますが、海外大学の200位以内は、早稲田や慶応と比較するとまったく劣るなどということはないのです。

★英語ができて、数学的発想(思考の基礎)があり、社会的課題に対する問題意識と具体的な貢献活動をいかにするかという土台ができれば、あとは行きたいと考える大学に向けて科目を選択したり、ボランティアをしたり戦略的に学べばよいのわけです。

★今までの全天候型の受験勉強は、もしかしたら時間の有効活用ができない人生をおくる習慣をつくるかもしれません。人生のレバレッジポイントを見つける洞察力を磨くことができなくなるかもしれません。

★学歴社会や偏差値階層構造社会のメリットは、等しく同じ科目同じ範囲を勉強して、合格スコアを競うので、努力は報われるという世界をつくるわけです。しかし、そのメリットは同時に、限られた範囲以上の勉強をしようとしなくなるし、入試の問いの世界が画一的になっていくわけで、一つの指標で子どもたちが学校でも社会に出ても評価されます。序列が常にできるので、当然マウントやハラスメントが無意識のうちに起きていて、海外から見て、それを指摘されて、初めて気づくわけです。国際的なコミュニケーションをしていくには、それを訂正しなくてならないわけです。

★言論の自由を守り、人権を守るはずのメディアが、相変わらず東大何人出たということを話題にするわけです。そのことが孕む人権的な問題の意識はどうなるのだろうといつもハラハラするわけですが、今年は、どこかゲーム感覚です。もはや学歴社会はなくなるわけですから、東大ダンジョン攻略ノリで、受験情報誌が扱えば、それはそれでよいかなあと。東大という日本社会の文化を規定してきた役割の変化は、日本の今後の変化の象徴の1つかもしれません。

|

2024年3月21日 (木)

2024年東京大学と社会(10)筑駒の辞退者増加が意味するコト

★2024.03.18 15:58のマネーポストWEBの記事<中学受験の最難関「筑駒」で辞退者増加の異変 通学区域拡大で“記念受験”して合格した層が選んだのはどの学校か>が興味深いですね。その記事によると、

「筑駒では毎年、繰り上げ合格が出ても若干名だ。ブランド力があると同時に国立附属なので学費が安い。そのため、合格したら進学するのが当然なのだ。ところがその筑駒で、今年は多くの繰り上げ合格があったようだ。中学受験塾SAPIXの筑駒合格実績を見ると、2月5日の合格発表直後は79名であった合格者数が、後に98名に増えている。SAPIXだけでも19名が繰り上げ合格しているわけだ。つまり、それだけ筑駒の合格辞退者がいた、ということになる」

★一体それはなぜかというと、同記事の視点は、2024(令和6)年度より、同校が通学区域を拡大したからだということになっています。同校の入試要項によると、次の区域になっています。

 【東京都】
23区、昭島市、稲城市、清瀬市、国立市、小金井市、国分寺市、小平市、狛江市、立川市、多摩市、調布市、西東京市、八王子市、東久留米、東村山市、日野市、府中市、町田市、三鷹市、武蔵野市
【埼玉県】
上尾市、朝霞市、川口市、さいたま市(浦和区、大宮区、北区、桜区、中央区、西区、南区)、志木市、草加市、所沢市、戸田市、新座市、富士見市、ふじみ野市、三郷市、八潮市、和光市、蕨市
【千葉県】
市川市、浦安市、習志野市、船橋市、松戸市
【神奈川県】
厚木市、海老名市、川崎市、相模原市(南区、中央区、緑区の相原・大島・大山町・上九沢・下九沢・田名・西橋本・二本松・橋本・橋本台・東橋本・元橋本町)、座間市、大和市、横浜市(青葉区、旭区、泉区、神奈川区、港南区、港北区、瀬谷区、都筑区、鶴見区、戸塚区、中区、西区、保土ヶ谷区、緑区、南区)

★というわけで、千葉の受験生は澁谷学園幕張と筑駒を併願、神奈川は聖光学院と併願、埼玉は、開成と筑駒を併願した場合、両方受かったら、居住地に近い方を選ぶという考え方のようです。

★パンデミックによって、遠距離はなんとなく考えない雰囲気ではあります。タイパの時代ともいわれています。

★もはや、渋幕も聖光学院も、東大合格のことだけ考えれば、たしかに交通の便が良い方を選ぶということになるかもしれません。

★しかし、筑駒の魅力は東大だけではないでしょう。ユニークすぎる文化祭も水田耕作の探究も独特の魅力ですよね。しかし、渋幕にしても聖光学院にしてもこれまた魅力があるわけです。

★ですから、その魅力に対する受験生の志向性がどうなのかそこが知りたいところですね。

★それぞれのエリアで東大に入る学校という意味でランドマークがあると、東大合格以外の魅力でせめぎ合っていくことになりますから、ある意味、学校の内生的技術進歩や人的資本の豊かさについて注目されるようになるわけです。

★学歴階層構造が、崩れるよういんにもなるわけで、この階層構造から影響を受ける見えないハラスメントを回避できるチャンスかもしれません。

|

2024年3月14日 (木)

2024年東京大学と社会(08)GLICC代表鈴木裕之さんのシンプルな本音・本質の語りで思考の酸欠状態を回復

★明日金曜夜は、いつものようにGWE(GLICC Weekly EDU)で、同番組の主宰者でGLICC代表の鈴木裕之さんと対話します。鈴木さんの教え子で東大合格者の学び方やものの見方・考え方・感じ方を通して、思考とは何か、シンプルに本音・本質をライブ感たっぷりにとなると思います。

★世の中、あふれるばかりの紋切り型の教育言説で語る方々が多く、たとえば「主体的」という言葉が多用されていますが、その背景や落とし穴を無視して、健全な顔で話されるでしょう。私も結局はそうなのです。ですから思考の酸欠状態になります。思考停止ならまだ息もできるのですが。。。

Glicc_20240314184001

★そんなとき鈴木さんは、パーンと解放してくれます。シンプルに自分の頭と五感とトークとライティングで知そのもののつくる障壁をいとも簡単に粉砕するのです。

★こちらが少し深い話をしているつもりになっていると、「深いですね」と口火を切ります。これが合図です。そんな表面的なところでいくろ深堀しても時間の無駄ですよと一気呵成にクリティカルシンキングが発動してくるのです。

★要はその生徒はこういうわけですから、いっしょにこのことをやればよいのです。それだけですよと。人ぞれぞれ自分の気づかないツボがあるわけで、そこを適切に押せば、知性と感性と活力が循環しだすのです。

★そのことを経験的直観として実践していく。もっとも実際には相当理論を体得しています。だからシンプルに行けるのですが。

★鈴木さん自身が自分の自己にも向き合い、生徒自身の自己にも向き合う鈴木さん自身のレンズがそのツボを見出すのです。自分のツボと他者のツボは微妙に違います。押し方も微妙に違います。しかし、まず自分のツボを押してからです。失敗するかもしれませんが、自分のことですから問題はありません。

★そこであくまで推理しながらですが、生徒に適合するように押してみるわけです。

★効き目がダイレクトです。しかも、自分で試行錯誤していますから、実感の信頼性や妥当性の確率は高くなります。

★ありふれた教育言説を聞くのは時間の無駄です。ダイレクトにツボを押していく学びの環境こそ、その生徒の「思考動」のパフォーマンスを高めます。この知のツボをいかに見つけるか?対話しながら探ってみたいと思います。

|

2024年東京大学と社会(07)順天 経験学習と系統学習を統合したグローバル探究 東大も合格

★昨年末、北里大学との法人合併で教育業界にインパクトを与えた順天も東大に1名合格。もともと東大に行きたければ受けて合格していた学校だから驚きはしませんが、経験学習と系統学習を統合しているグローバル探究を全面的に展開している学校から合格することを証明していることが重要です。

★しかもどこよりもはやくボランティア教育に取り組んいて、それが医療従事者への道を切り拓いてきたし、今後も切り拓き続ける同校なのです。

★東大が2027年秋から5年生の文理融合による世界標準の研究拠点になるようなシラバスを創設すると発表しています。順天からも参加したいと意欲を燃やす生徒も出てくるでしょう。

★東大合格のための学びの多様性が生まれる可能性があります。現状の一般入試においてはそのような多様性に対応できる生徒を選抜しているかどうかはわかりませんが、順天のような学校から進学すれば、このような多様性に対応できる柔軟な知性をもった生徒が蓄積されていくでしょう。

|

2024年3月12日 (火)

2024年東京大学と社会(06)聖光学院 99名合格

★聖光学院は、東大99名合格が最新情報ということです。開成をやがて追い越すということもありそうです。これも時代が変わることの一つです。東大を受験することが当たり前になっている両校。教養もベースにするのは同じですが、聖光学院が本気になる教養はカトリック的倫理的経済社会の在り方です。これも古くて新しい資本主義の考え方です。

|

2024年東京大学と社会(05)海城学園のポジショニングの不思議。受ければ受かるのに。

★エコノミストONLINEにこんな記事があります。「超速報!高校別「東大合格者」トップ20 開成、聖光学院、灘、西大和学園、渋谷教育学園幕張、桜蔭、日比谷、麻布、海城、栄光学園…」がそれです。40人以上合格の学校を引用して並べてみます。

開成(東京・私立)149
聖光学院(神奈川・私立)97
灘(兵庫・私立)93
西大和学園(奈良・私立)71
渋谷教育学園幕張(千葉・私立)64
桜蔭(東京・私立)60
日比谷(東京・都立)59
麻布(東京・私立)53
海城(東京・私立)49
栄光学園(神奈川・私立)47
浅野(神奈川・私立)45
浦和(埼玉・県立)44
渋谷教育学園渋谷(東京・私立)43
早稲田(東京・私立)43
駒場東邦(東京・私立)43
横浜翠嵐(神奈川・県立)43 

★筑駒が加わっても、海城は10位以内。学校当局としては、十分な成果だと思っているでしょうし、世の中的にもそうだと思います。しかし、やはり不思議なのです。もし受ければ受かる生徒がたくさんいるのに、いつもだいたい50人くらいだからです。

★これはどういうことでしょう。おそらく冷静というか冷めているというか、東大合格コンクールという祝祭型キャリアデザインを描く生徒があまりいないということなのでしょうか。教養型キャリアデザインを描く生徒が多いということでしょうか。

★少なくとも80人くらいは合格する生徒がいるはずなのです。

★その潜在能力を別ベクトルに向けているというか生徒が向かっていくということでしょうか。

★もし、東大の外国語学校卒業生徒対象(要するに帰国生・留学生入試)を受験したら、ごそっと合格するでしょう。しかし、その入試の受験資格がない。東大は、そのような才能を受け入れるシステムを作っていないということでしょう。

★それで、高度人材が足りないということになっているわけですね。100人程度の5年制枠の改革はもっと広げるとよいのに。ついでに、定員を倍にすべきでしょう。偏差値のレベルが下がるとかではなくて、潜在的能力をあげるための環境の提供ということです。もちろん、東大でなくてもよいのですが、海外大学に頼るしかない今の日本の現状をなんとかすんるには。。。。

|

2024年3月11日 (月)

2024年東京大学と社会(04)足立学園、かえつ有明、三田国際から東大合格の意義

★足立学園、かえつ有明から東大1名ずつ合格、三田国際から2名合格。この3校は、いずれも人気校ですが、東大に入るから人気という相関関係はないのです。東大合格以外の教育の質感で人気なのです。東大に行きたいと思った生徒がうければそれは合格する力がついているのでOKだということだけです。

★先に述べた湘南白百合もそうですよね。おそらく合格者4人未満の学校は、東大合格者数の実績以外の教育力で人気なのでしょう。

★ところが5人以上になると、受験生のほうにも学校のほうにも欲が出てきます。麻布のように悠然としていると、その欲に競り負けていく可能性もあります。

★それでも、歴史は強いので、武蔵ぐらいの実績はキープできると思います。武蔵も東大合格に欲がないですからね。受けるのであれば応援するけれどくらいの感覚でしょう。

★学校経営の観点からは、20名以上出していれば、当局がそう思っていなくても、受験生が東大合格者数になんらかの期待をしてはいってくるでしょう。

★東大合格者実績以外の理由で人気があるというのには、教育の質を破格にしなくてはなりません。学校の努力としては、いわゆるコスパはわるいかもしれません。

★東大の実績を20人以上出すのは効率の良い経営の持続可能性です。

★東大の実績を1名から4名くらいまで出すのは、質は高い教育だけれど、経営的にはコスパはよくなさそうですね。

★経営者素養が大きいオーナーか、教育者素養が大きいオーナーかで、学校経営は変わります。

★祝祭型私学経営か、教養型私学経営か。いつの時代も解決のつかない両極ですね。

|

より以前の記事一覧