創造的才能

2019年3月31日 (日)

かえつ有明 才能開く学び

★かえつ有明の小畑校長ブログは、出色のブログ。あのアトムのロボットを組み立て、AI(人工知能)を搭載している。ブログが更新されるたびに、アトムがディープラーニングによって成長している姿を現している。二足歩行のメカニズムも動画だけではなく、図によってきちんとベクトルと物理の法則を使って解説されている。

★校長自らが最先端のテクノロジーを使い、メカニズムを作りながら解明し、途中で躓いたとき、その原因を突き止めて修理しながら進む。まさに試行錯誤の可視化そのもの。ディープラーニングは、かえつ有明のふだんの授業の象徴でもある。STEAM教育の最高の在り方を示してもいる。刺激を受ける生徒はたくさんいるだろう。

★かと思うと、そのSTEAMのA(アート)の部分が飛び出てくるような活躍を中学生が行ってもいる。

K2

(写真は、同校サイトから)

★今月21日から1週間、同校中学生が、渡米し、アメリカンダンスドリルチーム インターナショナル選手権2019にチャレンジ。中学HIP HOP部門 第2位、中学校総合 第4位という成績を収めた。

Ko

★すごいという言葉以外に見つからないのだが、同校サイトの記事からはダンス部の顧問の先生のティーチングとコーチングの絶妙のバランスを前提とした熱い眼差しが伝わってくる。

★ああ、これもふだんの授業がアクティブラーニングであふれていることがつながっているなあとちょっと感動してしまう。顧問の先生も参加していたアクティブラーニングの研修を見学をしたことがあるが、筋金入りのポジティブな性格と精緻な思考のバランスにあり得ない不思議さを感じていたが、たしかに平均モデルの精神力では、生徒といっしょに世界の舞台で挑戦できないと、遅まきながら感じ入った。

★破格のグローバル教育とアクティブラーニングとSTEAM教育とマインドが、バラバラではなく、自然に一つにつながっている。自然体で、それでいてハイレベルな世界標準に通用する学びが行われているわけだ。

★要するに、校長をはじめ教師も生徒も、一人一人が自分の才能を大切にし、それを全うしようという本物の活動をしている。それは、当人にとっては、あたり前のことをしているだけだ。しかし、外から見るとものすごいことをやっている。

★このギャップが外からの評価を高くしている魅力だろう。

|

2018年10月18日 (木)

プロジェクト学習≪PBL≫で生徒は自律協働創発系になる。

★授業の達人、例えば、香里ヌヴェール学院のU先生は、講義での語りもPBL(プロジェクト学習)も実に巧い。そして、どちらをやっても、生徒は自律協働創発系になる。生徒自身が本来的な存在者をいまここでの現象存在に顕在させる。

Dsc04186

続きを読む "プロジェクト学習≪PBL≫で生徒は自律協働創発系になる。"

|

2018年9月12日 (水)

【リーダー論】成功するリーダータイプの葛藤

★今年は、2月、5月、9月とイベントをコーディネートしながら、様々な方と対話をした。対話をしながらイベントをコーディネートしたというのが本当のところか。もちろん多くの先生方とも対話した。実際には一度しか会ったことのない若い先生にSNSで深層にそっと光り輝いている学びの真理を教えてもらって涙腺が緩んだこともあった。もちろん、ロマンチックな話ではなく、年老いたせいだろうと思う(^^汗)が。

Photo

続きを読む "【リーダー論】成功するリーダータイプの葛藤"

|

2018年9月 1日 (土)

桐朋女子出身 高橋侑子 トライアスロンで金

★今回のインドネシアで行われてるアジア大会で、トライアスロン高橋侑子が金に輝いた。スイム1・5キロ、バイク40キロ、ラン10キロという常人には過酷なレースを制したが、この道のりを、自身の母校が発行している「桐朋教育」で、すでに予告するかのように、静かな情熱をもって語っていた。すぐに知らせてくれたのは、同校の吉川陽大先生。

Photo

続きを読む "桐朋女子出身 高橋侑子 トライアスロンで金"

|