スポーツ

2019年10月21日 (月)

STEAM教育(01)工学院の生徒 時代を変える 東京ビックサイト「Maker Faire Tokyo 2019」でも活躍

★工学院大学附属中学校・高等学校の生徒が、STEAM教育とグローバル教育で、ダイナミックな活躍を繰り広げています。その活躍そして実績は多様で、生徒1人ひとりの才能が開花する<新しい学びの経験>をたしかなものにしています。とにも、あまりにもダイナミックで、その活躍を追跡するのはなかなかたいへんです。

Steam_20191021042201

(現在は、Fab3Dコンテストに応募する作品を多くの生徒が創っている最中です。クリエイティブな雰囲気に満たされる工学院です。)

★たとえば、2019年8月3日・4日で東京ビックサイトにて行われた「Maker Faire Tokyo 2019」でも大活躍でした。べネッセコーポレーションがプラチナスポンサーとして初出展したブース「School Maker Faire」で繰り広げられました。

★STEAM教育(Science、Technology、Engineering、Art、Mathematicsを重視した教育)を先進的に学びに取り込んでいる学校による作品展示がなされ、イベント2日目の8月4日には、生徒たちによる制作発表と協力企業賞の授与が行われたようです。そして、赤堀侃司先生<日本STEM教育学会幹事 日本教育情報化振興会(JAPET&CEC)会長 ICT CONNECT 21(みらいの学び共創会議)会長 東京工業大学名誉教授>から各校へ講評がありました。

★そのSTEAMに取り組んでいる先進的学校とは、首都圏からは、麻布、聖光学院、豊島岡女子、広尾、そして工学院大学附属中学校・高等学校だったのです。赤堀先生の講評は、こうでした。

「工学院大学附属中学校・高等学校は、おもしろい視点が際立っていました。同校の他の生徒は、フロッピーディスクを入れることで音楽が奏でられるツールを作っていました。これも斬新。古いデバイスと新しいテクノロジーを掛け合わせる視点は素晴らしかったです。」

★賞も「創意工夫賞 株式会社ソニー・インタラクティブエンタテインメント」で、日ごろ工学院が実践している創造力を養う学びが見事に評価されたものとなりました。

★この工学院の創造力を養う2つのSTEAM教育について、10月27日(日)、同校で「第1回21世紀型STEAM教育フォーラム」でワークショップを体験しながらシェアできます。いよいよ偏差値ではなく、創造力育成の学びの在り方で学校を選ぶ時が到来しました。しかも、そのような学びが、大学合格実績まで生成してしまうのです。時代は完全に変わりました。

|

2019年10月 5日 (土)

【速報】八雲学園と工学院の代表生徒がラウンドスクエア国際会議に参加

★今、八雲学園の工学院は、インドのインドールのThe Emerald Heights International Schoolで行われているラウンドスクエアの国際会議に参加しています。ガンジー生誕150周年とも重なり歴史的な会議になりそうです。1,000人以上が世界50カ国から集結しているということです。

100301

(ラウンドスクエア理事長ロッドフレーザー氏と撮影する八雲生)

★今回のテーマは、Sarvodaya ~The world we wish to seeで、Sarvodayaとは、サンスクリット語で「全ての人が進歩すること」を意味するということです。

★各学校の紹介パフォーマンスから始まり、キーノートスピーチは、ノーベル平和賞を受賞したカイラシュ・サティヤルティ氏と世界で初めて市民権を与えられたロボット"The First Robot Citizen"とキランガンジー氏のスピーチが行われたそうです。

Photo_20191005094101

(工学院の生徒はRSの国際会議は、今回が初めてです)

★キーノートスピーチの後は、チームに分かれてディスカッションをしたり、The Emerald Heights International Schoolのボランティア活動や自然体験などを経験していくでしょう。ラウンドスクエアの加盟校のプログラムは極限の体験を通して人間の深い存在意義に気づき、それがゆえ世界を確かなものにしていくリーダーシップを発揮するミッションを身にしみ込ませる学校ばかりです。

★日本から八雲学園と工学院が参加し、日本人も経済システムだけではなく、人間存在という意味から世界を創るリーダーの仲間に参加していく挑戦をしているのです。

★海外研修とか留学とかとはまた違う次元のグローバルな活動がようやく日本でも始まりました。これからますます注目していきたいと思います。

|

2019年6月 2日 (日)

聖学院 飛躍的進化へ(2)人材開発と学習する組織をつなぐ聖学院「思考コード」

★聖学院の「思考コード」は、先生方が自分の授業で生徒がどこまで広く深く考えていくのか、どうやって内発的モチベーションを生み出していくのか、自己開示をし、省察(リフレクション)していくのかをモニターするコンパスとして活用され始めている。

Dsc03801

★また、学習する組織として、クリエイティブクラスになるには、思考コードのC軸に沿ったプロジェクトをどのように創っていくのか考える契機にもなっている。この授業デザイン研究会自体、児浦先生は教師力や組織としてのイノベーションを創発するプロジェクトとして成長を見守ってきた。聖学院の人材開発と組織開発のプロトタイプであろう。

Dsc03691

★今回は、吉原先生の社会の授業のスクライビングを行った。吉原先生がご自身の授業を7分間のストーリーにして語る。そして伊藤先生がその話をフローチャート化して転写していく。授業の7分間物語の転換とさらにフローチャートという図式の置換。これらの作業はCoreflection(共省察)でもあり、ズレがあるかないか互いに耳を傾けよく観察するところが意外と重要。

Dsc03717

★そのあと、フローチャートに従って、生徒の学びのスタイルをチームで分析していく。傾聴とか個人ワークとかグループワークとかディスカッションとか生徒の様々な動きが明らかになっていく。

Dsc03733  

★フローチャートと生徒の言動の様子の議論が終わり、シェアした後、再びフローチャートに従って、思考コード分析していく。このとき、吉原先生の授業で、生徒はどこまで考え表現していくかその可能性が見える化される。

Dsc03756

★そして、参加者全員がつけた思考コードを各ドメインごとに集計して、割合を計算する。すると、やはり、考える授業であることがくっきり見えてくるし、想像力や創造性も発揮する授業になっていることに改めて気づく。

Dsc03771

★吉原先生の授業は、生徒から大人気なのであるが、それは≪Hard Fun≫で、ストリーテラー吉岡先生の世界に導かれ、さらに主体的に考え抜く力を発揮できるから人気があるのである。

★しかしながら、吉原先生は、中1だから、まだC軸までは考えていなかったが、みんなで振り返ってもらい、自分の授業の可能性に気づいた。挑戦しないわけにはいかないという自分の気持ちを仲間とシェアした。

★今回、児浦先生は、素晴らしい授業もさらなるアップデートができるというのが、聖学院の強みになるはずであると語る。一人でアップデートすることはなかなか難しい。それはスポーツにおけるアスリートと同じである。チームでアップデートしていく協力が大切なのだと。

Dsc03777

★つまり、人材開発や授業力の向上は、そういう協力し合える組織作りが必要なのだと。

★今後、この思考コードを生徒と共有し、そのときの授業のルーブリックを生徒といっしょに創ることもできる。また、ルーブリックを「問い」化することによって、生徒自身が問いを立てることができるようにもなる。

★自己開示、共有共感は、聖学院の生徒はすでにかなりできている。あとは自ら問いを立てることができるよういになれば、おのずと探究活動やキャリアデザインを自分で描けるようになる。

★自分とは何か?という問いをめぐる絶えることのない新たな自分発見の拠点が授業であるのが今後ますます聖学院の強みとなろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

|