« 中学入試で「シンプルな考え方=コンセプトレンズ」を身体化する学びができる | トップページ | 文化学園大学杉並中学・高等学校50周年記念祝賀会 燃えよ価値あるものに! »

2024年6月21日 (金)

新しい高大連携の兆し 高大連携アントレプレナーシップ

★本日の日経の記事「大学発スタートアップ、5年で9割増 地方にも起業の波」(2024年6月21日)にはこうあります。「大学の研究成果などを生かして起業する「大学発スタートアップ」が増えている。経済産業省の調査では、2023年度は4288社と5年前より9割増えた。学校数あたりの企業数は富山県が最も伸びた。民間出身知事のトップダウンによる支援体制の強化などが奏功しており、これまでの大都市中心から全国へと起業の裾野が広がる。」

Photo_20240621120701

★富山に限らず、北海道でも広がっているようだ。地方創生は、大学がハブになるということか。政府は、大学だけではなく、高校にもグローバルアントレプレナーシッププログラムを支援している。

★したがって、今流行っている高大連携は、高大アントレプレナーシッププロジェクトに進化していくだろう。

★医療機器などのイノベーションは、クリエイティビティを発揮する最近の探究型プロジェクトは親和性があるだろうし、総合型選抜も即戦力が大学につながる可能性も大きくなってきた。

★メガバンクも大手株式会社の株を放出し始めているようだし、新しい資本主義は学問知とイノベーション知の化学変化によってさっさと生まれるのだろう。

|

« 中学入試で「シンプルな考え方=コンセプトレンズ」を身体化する学びができる | トップページ | 文化学園大学杉並中学・高等学校50周年記念祝賀会 燃えよ価値あるものに! »

PBL」カテゴリの記事