« 工学院大学附属中学校3.0 学べる組織づくりアップデート 田中歩教頭のアンビシャス | トップページ | 学校選び 生徒も教師も学校も成長する未来組織としての学校が増加 »

2024年4月14日 (日)

和洋九段女子 知の社会貢献スタート

4月13日(土)、和洋九段女子は、「PBL型授業体験会」を開催。受験生だけが対象ではなく、興味と関心のある方に開かれた体験会です。同校では、もはや生徒自身が数多くのプロジェクトを実施しています。しかも外部団体と連携する本格的なプロジェクトで、コンクールなどで数々の賞を受賞するなど、目に見える成果も生み出しています。

Photo_20240414082501

(写真は同校サイトから)

★したがって、このPBL体験も、ファシリテーターには生徒も参加しています。

★卒業式で、代表生徒の感謝の言葉の中で、PBLの環境が溢れている学校で育って自分を見つめられ、仲間と共に成長できたことはかけがえのない財産なのだと語られるくらい、それぞれの授業、行事、探究、プロジェクトはPBLが広く深く豊かになっています。

★同校のPBLの目標の一つに他者と共に社会課題を解決し貢献するというのがあります。

★ですから、こんなに自分自身が成長し、仲間も共に豊かになってウェルビーイングになるのに、PBL型授業への理解がまだまだ広まっていないという社会課題に気づき、だったら、受験生のみならず多くの人にPBL体験をしてもらおうとなったに違いありません。

★自分たちの持っている目に見えない無形資産をシェアしようという心の勢いが和洋九段女子の中で生まれていることは、つい先日高3の探究の発表会に参加し、感じました。それは先輩と後輩のコミュニケーションでした。その種を外部の方にもシェアしようという動き。さすがです。

|

« 工学院大学附属中学校3.0 学べる組織づくりアップデート 田中歩教頭のアンビシャス | トップページ | 学校選び 生徒も教師も学校も成長する未来組織としての学校が増加 »

創造的才能」カテゴリの記事

21世紀型教育」カテゴリの記事

中学入試」カテゴリの記事

創造的対話」カテゴリの記事

PBL」カテゴリの記事

高校入試」カテゴリの記事