« 教師の在り方 多様なあり方を生み出す共通するエネルギー | トップページ | 学校選び 成長する組織づくりをしている教師と生徒の関係① »

2024年4月17日 (水)

学校選び 成長する組織と成長しない組織

★学校選びのポイントはいろいろな視点が複合的になるけれど、説明会などに参加してすぐにわかることは、ああ、この組織は成長し続けているなあとか逆に成長しない組織だなあということです。成長はリスクテイクしているので、不安もつきものですよね。成長しない組織は安定感があるので、今ある成果はでそうです。さて、どちらを選択するかは、選択者の価値意識の問題で、どちらでもよいのですが、成長しない組織を選ぶ価値意識が大きなシェアを占めたとき、日本という国の希望は。。。という感じです。まあ、50年後の話だから、今はいいやという人もいるでしょうね。

Attentive

★私としては、成長する組織が好みです。成長する組織の特徴は、ポジティブな教員が多いということですね。これは説明会にいけばすぐにわかります。成長しない組織は、そういうポジティブな教師を、新しもの好きだとか、スタンドプレイだとか、表面的だとか非難したり、口では言わないけれど、サイレントキラーの主みたいな人が多いですね。もちろん、そういうかたもいるかもいsれませんが、そういう先生がそのような組織からほかの組織にシフトしてから本物になっているケースは少なくありません。

★それに成長する組織を支えているポジティブな教師の姿は、湖面を美しく泳ぐ白鳥さながらなのです。見える部分は魅力的ですが、水面下では足はバタバタです。そこを見せずにポジティブに進む。

★人間のあり方を知っているがゆえに、生徒の悩みや保護者の悩みにATTETIVEになれる。美しいビジョンの体現と痒い所に手が届くアテンティブな姿勢。こういう教師がたくさんいる成長する組織はすてきですよね。

|

« 教師の在り方 多様なあり方を生み出す共通するエネルギー | トップページ | 学校選び 成長する組織づくりをしている教師と生徒の関係① »

21世紀型教育」カテゴリの記事

PBL」カテゴリの記事