« 細田眞由美さんの書「世界基準の英語力」 日本の政治経済社会の難局を乗り越える実践の希望書 | トップページ | 2024年東京大学と社会(08)GLICC代表鈴木裕之さんのシンプルな本音・本質の語りで思考の酸欠状態を回復 »

2024年3月14日 (木)

2024年東京大学と社会(07)順天 経験学習と系統学習を統合したグローバル探究 東大も合格

★昨年末、北里大学との法人合併で教育業界にインパクトを与えた順天も東大に1名合格。もともと東大に行きたければ受けて合格していた学校だから驚きはしませんが、経験学習と系統学習を統合しているグローバル探究を全面的に展開している学校から合格することを証明していることが重要です。

★しかもどこよりもはやくボランティア教育に取り組んいて、それが医療従事者への道を切り拓いてきたし、今後も切り拓き続ける同校なのです。

★東大が2027年秋から5年生の文理融合による世界標準の研究拠点になるようなシラバスを創設すると発表しています。順天からも参加したいと意欲を燃やす生徒も出てくるでしょう。

★東大合格のための学びの多様性が生まれる可能性があります。現状の一般入試においてはそのような多様性に対応できる生徒を選抜しているかどうかはわかりませんが、順天のような学校から進学すれば、このような多様性に対応できる柔軟な知性をもった生徒が蓄積されていくでしょう。

|

« 細田眞由美さんの書「世界基準の英語力」 日本の政治経済社会の難局を乗り越える実践の希望書 | トップページ | 2024年東京大学と社会(08)GLICC代表鈴木裕之さんのシンプルな本音・本質の語りで思考の酸欠状態を回復 »

21世紀型教育」カテゴリの記事

大学入試」カテゴリの記事

PBL」カテゴリの記事