« 22世紀型教育準備へ(04)今東京私学の数学科の教員の数学的世界作りが凄い! | トップページ | 22世紀型教育準備へ(06)富士見丘の圧倒的グローバル探究力 全員が英語を公用語として探究活動② »

2024年2月17日 (土)

22世紀型教育準備へ(05)富士見丘の圧倒的グローバル探究力 全員が英語を公用語として探究活動①

★昨日、富士見丘では、「2023年度SGH・WWL課題研究発表会2024.2.16」が開催されました。同校の6年間の破格のグローバル教育の集大成ともいうべき公開イベントです。各所から見識者も駆けつけていました。また、同校は鹿児島のSSH校池田高等学校ともコンソーシアムを組んで、年間通じての知の交流をしています。そのため池田学園の理事長・校長はじめ2チームの生徒の皆さんも参加されていました。

Img_6030

★とにかく驚いたのは、高2の「グローバルスタディー演習」で探究活動をしてきた生徒15チーム全員が、英語でプレゼンテーションをしたということ、しかも私が知っている東大の英語弁論大会で2位(大学生も参加する大会)を受賞した女子生徒の英語能力や探究スキルなど以上のパフォーマンスを発揮したことです。

★発表内容の英語を、プレゼンのためにそのときだけ暗記したというのでは、このようなパフォーマンスは発揮できません。中学から入学してきた生徒はこの5年間、高校から入ってきた生徒はこの2年間、探究のときも公用語は英語だったわけです。そんなはずがないと思いますか?

★まず20%以上は帰国生です。最近の帰国生は日本語ケアを同校の先生方が丁寧にしなければならないケースが多くなっています。したがって、学校生活では、英語と日本語がまじりあっているのは想像がつくでしょう。吉田晋理事長・校長(自身が英語力堪能です)はパレートの20%法則について時々語っています。20%のポジティブな能力や言動がチーム全体に好循環を生み出すという法則で、GAFAMもこの法則を取り入れ、創発を生み出しています。

Img_6025

★そして、さらに、「グローバル演習」は、高大連携、海外団体との連携を行っています。高大連携では、慶應の大学院生などファシリテーターに来てくれますが、彼らは留学生です。また台湾、マレーシア、グアムをフィールドワークの地としていますから、現地に行ったときは当然ですが、ふだんからオンラインでディスカッションを続けています。このような環境ですから、当然公用語は英語になるのです。

★そのようなわけですから、英語のスキルも、高3の時には、ほとんどが英検2級以上(日本の大学入試の出願時に、アドバンテージになる英語力のポイントです)、28%は英検準1級以上(海外大学入試の出願書類において、必須の条件です)になるわけです。

★そして、英検以外の資格試験もあるし、すべての資格試験の共通尺度はCEFRです。CEFRテストというのは存在していないので、CEFRの本当の認定は、膨大な資料を自己申告し、海外大学の場合、インタビュー(口頭試問)で、その自己申告の信頼性、妥当性をチャックされます。おそらく、富士見丘の生徒は最終的に潜在的にCEFR基準C1(英検1級相当)になっていることでしょう。

★それにCEFR基準B2とかC1は、言うまでもないのですが、英文法の力だけではまったくないのです。リーディングやリスニング、エッセイライティングの力、論理的思考力、スピーチと言っても2種類あって、プレゼン型と対話型の両方の優秀性が求められます。

★日本語の小論文試験や口頭試問など突破する能力を英語で発揮するということです。これはもう、普段から英語を公用語として活用する環境になければできることではないのです。

★国連やEU議会に行けば、公用語は英語だけではないし、みな母国語だってリスペクトしています。つまりそこでは多言語が溢れていて、互いにどの言語で意思疎通できるのか選択しながらディスカッションするわけです。ビジネスの世界でもそうです。

★参加者の方々が、今回のイベントを見て、ショックを受け、こんなに高校の教育は変わっているのですかと。私はおせっかいにも、確かに、そうなんですが、富士見丘のようなグローバル教育の環境をすべての高校がもっていると認識しちゃうと、他の学校にいったとき、あまりのギャップにびっくりしますよとフィードバックしました。

★以上のような前提(最小限の情報ですが)を共有して富士見丘の高2のパフォーマンスを振り返ると、その突出した資質能力のレベルの高さが良く理解できると思ったわけです。

|

« 22世紀型教育準備へ(04)今東京私学の数学科の教員の数学的世界作りが凄い! | トップページ | 22世紀型教育準備へ(06)富士見丘の圧倒的グローバル探究力 全員が英語を公用語として探究活動② »

グローバル教育3.0」カテゴリの記事