« 2024年中学入試(16)成立学園 人気の密度が高くなっている | トップページ | 2024年中学入試(18)八雲学園 6年間でグローバルリーダーに育つ破格の教育 インターコースではなく八雲スタンダードで »

2023年12月13日 (水)

2024年中学入試(17)順天堂大学と高大連携を結ぶ学校

★昨今、高大連携が加速しています。順天堂大学も多くの高校と連携協定を結んでいます。大学のサイトを見ると、次のように連携校が並んでいます。
Igaku_20231213195001

(イラストはBing作成)

01 昭和第一高等学校
02 神田女学園高等学校
03 佐久長聖高等学校
04 芝国際高等学校(旧校名 東京女子学園高等学校)
05 吉祥女子高等学校
06 恵泉女学園高等学校
07 関東国際高等学校
08 川村高等学校
09 北豊島高等学校
10 城北高等学校
11 八千代高等学校
12 県立三島南高等学校
13 市立沼津高等学校
14 宝仙学園高等学校
15 湘南白百合学園高等学校
16 八千代松陰高等学校
17 市立習志野高等学校
18 県立韮山高等学校
19 昭和女子大学附属昭和高等学校
20 桜蔭高等学校
21 昭和学院高等学校
22 立川女子高等学校
23 藤村女子高等学校
24 本郷中学校・高等学校
25 茗溪学園中学校高等学校 

★それぞれどのようなパーパスをもって連携しているのでしょうか。パンデミックにおいて、無医村地帯において、紛争地帯などにおいて、医者の高邁な使命を行動に移している生きざまに本当に頭が下がります。

★おそらくそういう思いを胸に医学部に進学しようという意欲に燃えた生徒がたくさん輩出される機会を創るという期待が順天堂大学との連携にはあるのでしょう。

★本郷のサイトにはこうあります。

大学入試対策が主軸となっている本校課程において、大学の専門性についての知見を得て、進路選択を強い意志をもって行わせたいという目的から、各大学のオープンキャンパス参加や外部講師招聘など様々な指導に取り組んでいます。専門性の高い分野や、生徒の志望が多い学部学科系統を設置する大学との高大連携事業は、実際の大学入学後と、描いていた大学生活とのギャップのすり合わせに、大きな効果が期待されます。

★とかく大学入試は、大学受験と同一視され、偏差値教育のように思われがちです。しかし、本郷のようにその建学の精神「個性を尊重した教育を通して国家有為の人材を育成する」教育の実現として高度な専門性のある学部に進めるような教育をすることは極めて重要です。

★善なるものに向かって競争するのと、他人と比較して偏差値を競うことは、まったく意味も質も精神性も異なるのです。

★建学の精神という善なるものに向かって生徒同士切磋琢磨する環境を創っている本郷をはじめとする学校を私たちは応援する心意気を共有したいですね。

|

« 2024年中学入試(16)成立学園 人気の密度が高くなっている | トップページ | 2024年中学入試(18)八雲学園 6年間でグローバルリーダーに育つ破格の教育 インターコースではなく八雲スタンダードで »

中学入試」カテゴリの記事