« 2027年から移行措置が始まる新学習指導要領がヤバイ!? | トップページ | 学校が蘇る時 学びを巡る座標と共感的コミュニケーションの剣と平和の鳩が備わった時 »

2023年11月 1日 (水)

聖ドミニコ学園の魅力 探究と教科の結合 新しい実践

★本日私学振興全国大会が、文京シビックホールでありました。終了後、聖ドミニコ学園の社会科教諭であり、広報担当の土居嗣和先生が声をかけてくださいました。非常に研究熱心で、理論と現場を結合する先生です。しかも仲間と共同研究をされていて、令和4年度公益財団法人東京都私学財団賞を受賞する研究をされています。そして、それはますます進化していて、今度その報告書を送ってくださるということでした。楽しみです。

Dominic

★その受賞研究は「探究的な学習のデザインに関する研究-教科を横断した「授業研究」に焦点をあてて-」でしたから、探究と教科の授業はどんな結合をしているのか尋ねてみました。

★すると、テーマとか探究プロセスとかも大事ですが、教科の時間は限りがあるので、どの教科にも共通する、いわば文理融合的なものの見方・考え方を先生方と共有しているというのです。

★さすがは、対話の哲学を世界に広めた聖ドミニコ会の文化遺伝子が脈々と続いているなあと感動しました。

★教科横断とか探究と教科授業の接続は、テーマを共通にするとか学びのプロセスを重ねるとかという考え方もありますが、なかなか帯に短したすきに・・・なのです。

★そこにいくと普遍文法ならぬ普遍思考方法というのは難しいですが現実的で合理的ですね。

★11月15日(水)に、同校では、中学高等学校の授業を公開します。授業公開の時間は、9時50分から14時45分まで(ただし、お昼休みは公開しません)です。また10時から10時40分まで、学校説明会も実施するそうです。参加申し込みなど詳しくは、下記URLをご覧ください。

 https://mirai-compass.net/usr/dominicj/event/evtIndex.jsf

★報告書をいただいたらまたお知らせします。

|

« 2027年から移行措置が始まる新学習指導要領がヤバイ!? | トップページ | 学校が蘇る時 学びを巡る座標と共感的コミュニケーションの剣と平和の鳩が備わった時 »

創造的才能」カテゴリの記事

21世紀型教育」カテゴリの記事

中学入試」カテゴリの記事

創造的対話」カテゴリの記事

PBL」カテゴリの記事