« 通信制高校の卒業式の局面で贈る言葉 全日との差異に根源的社会の問題があらわれる | トップページ | 【速報】湘南白百合 東大理Ⅲ 現役合格 »

2023年3月10日 (金)

2024年中学入試の行方(12)大妻の「探究」で、システム思考

NEWS PICKS Educations 2023/2/27で<未来も人間関係も、自分の力で変えられるとわかった。「システム思考」を学んで変化した高校1年生たちの日常>という記事で、大妻中学高等学校(以降「大妻」)の生徒のインタビューが掲載されていました。

51acnd07cyl_sx324_bo1204203200__20230310095701

★どうやら、大妻では、2022年夏から秋にかけて、「総合的な探究の時間」で、NEWS PICKSと連携して「ニュース×システム思考」という講座を行ったようです。高校1年生全員が、6時間かけて学んだようです。

同校サイトによると、「ループ図」「氷山モデル」「推論のはしご」「クリエイティブ・テンション」などを活用したということですから、たしかにものの見方ががらりと変わったことでしょう。メンタルモデルの変容を生徒自身が感じているようですから、システム思考の醍醐味を味わったことでしょう。

★何より、対話の4つのレベルである「①儀礼的な対話→②討論→③内省的な対話→④生成的な対話」を通過したとありますから、対話によってシステム思考をさらに広げ深めていったのでしょう。

★「主体的・対話的で深い学び」と学習指導要領で称されているアクティブラーニングやPBLでは、ダイアローグやディスカッションが行われるのが常ですが、その質がメタローグまで深まるというか上昇するというかそういう感覚は現場ではなかなか難しいのです。

★現状では、深まる生徒もいるし、浅いままで終わる生徒もいるしというのが一般的でしょう。

★でも、外から見ていると形式的には対話やディスカッションが行われているわけです。

★そのクオリティをモニタリングすることはなかなか難しいですね。

★しかし、大妻の実践のように対話の段階、つまりルーブリックができていれば、少なくともセルフリフレクションはできます。

★2013年ごろと違って、あれから10年経った今、アクティブラーニングやPBLをやらない学校はないでしょう。これからは、そこで行われている対話やディスカッションの質の時代でしょう。海外の生徒とディスカッションしたときに、そのクオリティははっきりします。

★英語力もいよいよシステム思考的な多角的で関数的(システム思考は最終的にはシミュレーション方程式を創ることになります)な思考を英語で対話したりディスカッションできるかまで要求されるようになるでしょう。それは文科省が求めているというより、私立中高一貫校が世界に求められているということだと思います。そのモデルケースとして大妻の取り組みは参考になりますね。

|

« 通信制高校の卒業式の局面で贈る言葉 全日との差異に根源的社会の問題があらわれる | トップページ | 【速報】湘南白百合 東大理Ⅲ 現役合格 »

中学入試」カテゴリの記事

創造的対話」カテゴリの記事

PBL」カテゴリの記事