« ドネラ・プロジェクト(13)2030年に向けて新次元コンセプトで動き始める私立学校 | トップページ | 2023中学入試の役割 ソーシャルジャスティスを求めて(08)湘南白百合の真価 »

2022年11月30日 (水)

2023中学入試の役割 ソーシャルジャスティスを求めて(07)成城学園の真価

★昨日、成城学園の青柳先生(入試広報部長)と首都模試の北さん(取締役・首都圏模試センター教育研究所長)と首都模試の市川さん、そしてノイタキュード代表北岡さんと1時間ほど対話しました。基本は青柳先生と北さんとの対話で、その前後で対話に参加していました。いずれ首都模試チャンネルで公開されると思います。

Photo_20221130143001

★成城学園のカリキュラムを中心に青柳先生がお話され、北さんが質問していくという対話なのですが、今回は、それぞれの学びにおいて、生徒がどのような人間関係をつくっていくのかという具体的な話が広がりました。

★その人間関係作りは、昔からそして今もこれからも人類が求めている人間関係づくりです。

★現在人間関係が崩れていて、いろいろな問題が身近で多発していますし、それは世界的な問題でもあります。105年前に、成城学園では、そうならない人間関係づくりを教育の中で行ってきたのです。

★よく人間力形成という言葉がありますが、成城学園ももちろんそれは追究しています。ただ、人間関係という関係性に着目した人間力形成であるということが改めてわかったのです。

★その人間関係とは何か?SDGsのゴールを達成するためにも極めて重要な関係性です。いずれ公開されるので、お楽しみに。

|

« ドネラ・プロジェクト(13)2030年に向けて新次元コンセプトで動き始める私立学校 | トップページ | 2023中学入試の役割 ソーシャルジャスティスを求めて(08)湘南白百合の真価 »

創造的才能」カテゴリの記事

中学入試」カテゴリの記事

創造的対話」カテゴリの記事

PBL」カテゴリの記事

成城学園」カテゴリの記事