« 2021年の入試(28)オンライン説明会の宝庫 「おうちdeしゅともし」の特設ページ①文化学園大学杉並 | トップページ | ポスト・コロナショック時代がもたらすコト(29)宗教と農業とテクノロジー ニュータイプ農業 »

2020年6月27日 (土)

2021年の入試(29)オンライン説明会の宝庫 「おうちdeしゅともし」の特設ページ②和洋九段女子・東洋大京北・関東六浦

★田中歩先生と首都圏模試センターの特設ページを共有しながら対話していくと本当に気づきが多いのです。やはり時間はあっという間に次の日になって、明日があるからと退室ボタンをおすのを互いに躊躇しながら、今度は、もう少し参加者をつのってブレストしようと別れました。

Photo_20200627120801

★和洋九段女子は、文化学園大学杉並と同様、工学院と仲間の学校です。21世紀型教育機構のメンバー校です。そして和洋九段女子の新井教頭先生とは、今年同機構のオンラインセミナーの企画をいっしょに行っているということもあるし、同校のSDGsスゴロクを制作したメンバーといっしょにセミナーもやったことがあるので、気になるのでしょう。やはり話題になりました。

★文杉同様、目から鱗の部分は、生徒が前面にでる動画をぶら下げていることだと。それにしても、和洋九段女子の発信力がパワフルになっているのは、特設ページにこれだけの種類の動画を配信できるニューノーマルな広報活動が生まれているということですよねと。

★田中歩先生自身も、相当パワフルにブログを挙げているので、その大変さや得難い価値について身に染みているので、共感したのでしょう。

Photo_20200627121501

★東洋大京北は、高人気の学校ですから、オンラインLIVE説明会より、個別相談に力を入れられるというのは、羨ましいと。しかし、哲学教育の動画を生徒が主語になって発信しているのはやはりいいと。これがあるから人気がでているという見え方がする戦略がなかなかだと。

★工学院も英語で哲学を行う授業を行っていますが、東洋大学京北は、特にインターの生徒に限らず行えているというのは、やはりアピールポイントだろうと。この間田中先生自身が行った生徒とのオンライン対話で、インタークラスではないサイエンスクラスの生徒が英語教育の重要性について語ったのは、なかなかの評判になったようです。ですから、本格的な英語力とポストコロナな時代に必要な考える英語の両方をきちんと発信したいと気づいたということです。

Photo_20200627122101

★関東六浦は、英語教育が充実しているとは知っていたが、ここまでICT教育も行っているとは、技能面だけで満足していると、すぐに追いつかれてしまうと、やはり次の手が必要だと語っていました。クロムブックを活用する学校はこれから増えそうですし、そうなるとグーグルクラスルームの使いやすさがアドバンテージになるかもしれないとも。Zoomは今のところ使いやすいけれど、おそらくMeetはすぐに追いつくだろうと、そうなるとどうなるか。学内グループワークやプラットフォームを脱していく方向性があるかもしれないと。そこが学校と社会の境界線を越境する革新につながるかもしれない。その越境こそクリエイティビティの創発につながるかもしれないと。

★田中歩先生は、オンラインは本来グローバルだから、グローバルオンラインというのは、腹痛が痛いというのと同じだと。でもあえて言わなくてはならないのは、まだまだドメスティックなオンラインだから。この壁はなんとかしたいというのです。ドメスティックは田中歩先生が大事にしている共感的コミュニケーションとは対極の抑圧的コミュニケーションを造り出すからですね。(つづく)

|

« 2021年の入試(28)オンライン説明会の宝庫 「おうちdeしゅともし」の特設ページ①文化学園大学杉並 | トップページ | ポスト・コロナショック時代がもたらすコト(29)宗教と農業とテクノロジー ニュータイプ農業 »

入試市場」カテゴリの記事