« 2021年の入試(33)品川翔英 ポストコロナ時代に必要とされる教師の学びの場着々 | トップページ | ポスト・コロナショック時代がもたらすコト(30)ノートルダム学院小学校 本格登校で大切な<笑い>を取り戻す 人間存在の本来性を支えるエクササイズ »

2020年6月29日 (月)

2021年の入試(34)オンライン説明会の宝庫 「おうちdeしゅともし」の特設ページ➄国学院久我山

★工学院の教務主任田中歩先生と首都圏模試センターの「おうちdeしゅともし」の特設ページをいっしょにみながらZoom対話をしたのがきっかけで、対話が終わったのちも各学校のを視聴してみました。すると、いろいろなことに気づきました。いくつかご紹介しましょう。

Kokugakuikugayama

★国学院久我山は、オンライン相談会とオンディマンド説明会の2本立てです。このハイブリッド感は、一斉休校のときも柔軟にオンライン授業を行った証です。さすがです。

★さて、私が実に興味深かったのは、同校は共学校ではなく、別学で、同一キャンパス内で、男子部と女子部はそれぞれ独立した学校としてあるわけです。そこで、男子部と女子部の動画を比較対照できるように、それぞれ作成し公開しているのです。

Photo_20200629074201

★ある意味、進学校の典型的な男子校と女子校の違いが可視化されているので、驚きです。

★国学院久我山は高人気の学校だし、進学実績も毎年伸びていますから、ある意味、私立中高一貫校の男子校と女子校の典型的なスタイルを両方抱えているといってもよいのかもしれません。

Photo_20200629074202

★人気のある共学校は、この両方のスタイルのうち、どちらかというと女子部の動画に近い雰囲気です。

★麻布や聖学院は、男子校としては国学院久我山の男子部とはだいぶ雰囲気が違います。そこが人気なのでしょうが、おそらく多くの人気のある男子校の様子は国学院久我山の男子部の雰囲気と重なります。

★人気のある女子校の雰囲気は国学院久我山の女子部とやはり重なる部分が多いかもしれません。

★この動画は、新型コロナウィルスが広がる前に創られていますから、今後どう変容するかは楽しみです。

★いずれにしても、高人気の男子校と女子校のスタンダードを国学院久我山は創ってきたというのがよくわかります。

★そのスタンダードとは何か?それは論より証拠特設サイトに入ってごらんください。念のため、

男子部動画→こちらにリンクをはっておきました。

女子部動画→こちらにリンクをはっておきました。

|

« 2021年の入試(33)品川翔英 ポストコロナ時代に必要とされる教師の学びの場着々 | トップページ | ポスト・コロナショック時代がもたらすコト(30)ノートルダム学院小学校 本格登校で大切な<笑い>を取り戻す 人間存在の本来性を支えるエクササイズ »

入試市場」カテゴリの記事