« 京都のノートルダム 動き出す(14)ND庭園という知の空間 欧米が憧れた知の宇宙空間そのもの。 | トップページ | 和洋九段女子のSDGsの活動 優秀賞受賞 その意味の重要性を改めて感じる。近代人を超える新しい人間の表象。 »

2020年2月28日 (金)

新コロナウイルス感染を防ぐ動き~Z世代が脱近代未来プロジェクトを生み出す必然性

★NHK(2020年2月28日 0時57分)によると、「新型コロナウイルスの感染拡大を受け、安倍総理大臣は来月2日から全国すべての小学校・中学校、それに高校などについて、春休みに入るまで臨時休校とするよう要請する考えを示し、文部科学省は、今後、全国の関係機関に要請を行う事にしています。今回の要請に幼稚園や保育所、学童保育は含まれていないということです。」ということで、昨日から私の周りでも情報が錯綜していますが、この要請には法的拘束力がないので、個人、家庭、組織、自治体それぞれが判断して動くことになるでしょう。

【Z世代と共に創る脱近代未来プロジェクトの道の必然性メモ】

Zpro

★それにしても、2020年というのは、最後のZ世代が小学校1年生になる年です。1995年に誕生したZ世代は、もう25歳で社会人になっていて、小中高だけではなく、それぞれの組織で、パンデミックにならないように対応する中で生まれるジレンマに直面しています。いずれにしても、この新コロナウィルス感染の拡大を抑える社会の動きは、Z世代を直撃しています。

★ことはZ世代だけでなく、次のFuture世代も大変ことになっています。

★京都橘大学の教授池田修先生のように、「#臨時休校中の学ばせ方」というプラットフォームをすぐに立ち上げ、仲間と俊敏に動いている勇姿には頭が下がります。この動きも目の前のZ世代の学びを救済することで、F世代も含め将来の新しい教育や新しい哲学を生み出す原動力の一つだと思います。

★たしかに、中にはこういうときに、自己都合のためにピンチはチャンスだとリバタリアン的な動きをする人もいるでしょうが、池田先生のように、そういう動きやコンサバの発言を抑制して乗り切るには、リベラリズム的あるいはコミュタリアニズム的な発言や行動を真摯にとること以外に方法はないでしょう。

★今のところは、自己責任扱いされるでしょうが、個人や家庭、組織、自治体、コミュニティが自己判断できる能力や環境をつくり、責任は国がとるという自己判断と国家責任の相乗効果が生まれる新しい政治経済体制を、動きながら考案していく機会がZ世代と共にやってきたと思います。

★おそらく、自己責任×国家都合から自己判断×国家責任という流れは脱近代のロードマップでしょう。その具体的なロードマップはこれから描かれていくわけですが、その前に、そのZ世代と共に脱近代未来プロジェクトを生み出す必然性については、上記にメモ書きをしました。詳しくは、少しずつ考えて述べていきたいと思います。

|

« 京都のノートルダム 動き出す(14)ND庭園という知の空間 欧米が憧れた知の宇宙空間そのもの。 | トップページ | 和洋九段女子のSDGsの活動 優秀賞受賞 その意味の重要性を改めて感じる。近代人を超える新しい人間の表象。 »

創造的才能」カテゴリの記事