« 富士見丘(1) 中学説明会 参加者昨年対比160%! 口コミ評判広がる。 | トップページ | 富士見丘(3)生徒の情熱的なプレゼンのスキルが凄い!参加者を世界に巻き込む勢いが止まらない。 »

2019年7月21日 (日)

富士見丘(2)教師の驚きのプレゼンテーションパワー

★富士見丘のキャンパスの雰囲気は、実に明るい。教師も生徒も笑顔が絶えないし、言語能力の高さが光っている。今回の説明会でも、英語科主任の町田先生の柔らかい対話型のプレゼンは、場を本当に一つにした。

Dsc08947

★完全に生徒に話しかける柔らかいフラットな雰囲気の話し方は、共感的なコミュニケーションの雰囲気をパッと広げた。生徒に、英語がペラペラになりたいと思っている人と語りかけると、ハーイといっせいに生徒たちが手をあげた。参加していた保護者からは、こんなに意識の高い生徒が参加していたのかと驚きの声があがった。

★矢継ぎ早に、洋画を字幕なしで見たいと思っている人は?自由自在に英語で文章を書きたいですか?海外留学に行きたいですか?と問いかけた。その都度、生徒たちは手を挙げて反応した。

★もちろん、富士見丘では、すべてが可能なのである。すでに生徒はそれを知っている。良く調べているし、実は口コミで評判を聞いてやってきているのだ。

★町田先生は、そのあと、1つ1つなぜできるようになるのか、詳しく具体的に説明していった。知ってはいたものの、こんなに英語の教育が充実しているのかと改めて嘆息が漏れた。

★しかし、IB(国際バカロレア)の情報を知っている保護者もいて、IBと変わらない程、エッセイライティングが充実していて、その論理的思考力や創造的思考力が、英語という言語領域を超えて、他教科にも転移することは、その保護者にとって予想するのは難くなかった。そして、その発見は、実にお得であることも了解し、一瞬その保護者のいる周辺がざわついた。

★いよいよ富士見丘の教育がいかにすばらしいか理解できる保護者が増えてきたのである。ちなみに、町田先生は学校を超えて教育関連企業から助言を求められるほど魅力的な英語教師なのだと吉田校長は、他流試合でも通用する教師力を誇りに思っていると語った。

|

« 富士見丘(1) 中学説明会 参加者昨年対比160%! 口コミ評判広がる。 | トップページ | 富士見丘(3)生徒の情熱的なプレゼンのスキルが凄い!参加者を世界に巻き込む勢いが止まらない。 »

中学入試」カテゴリの記事