« 静岡聖光学院の変容ぶりの凄まじさ。(了) | トップページ | 2020年首都圏中学入試の学校選択(02)続概要 »

2019年2月24日 (日)

2020年首都圏中学入試の学校選択(01)概要

★2019年の首都圏中学入試は、今までにないタイプの学校が誕生した。そして、進歩主義的な教育において、プラットフォームが21世紀型教育系のみならず、IB系、シリコンバレー系、ダライラマ系と多様化した。

Photo_2

★そして、進歩主義だから伝統主義だからという理由だけで、応募者増や定員確保できるというわけでないことも明らかになった。

★応募者増や定員確保ができる理由は、組織の在り方の特徴によって決まるという仮説が成り立つのではないかと考えている。


Photo_3
★学歴ブランド校やイノベーションブランド校、イノベーティブゴールデンルール校は、学内組織はGrowth Mindsetされている。しかし、学歴ブランド校のマインドセットの核心は、近代的自由の精神で、イノベーションブランド校とイノベーティブゴールデンルール校のマインドセットの核心は学習する組織としての自由である。

★今後、タイプ別の学校組織の特徴などを少し考えていきたい。

|

« 静岡聖光学院の変容ぶりの凄まじさ。(了) | トップページ | 2020年首都圏中学入試の学校選択(02)続概要 »

中学入試」カテゴリの記事