2019年2月15日 (金)

【2019年2月17日新中学入試セミナー予告編⑥】海外大学準備教育着々進む中、新しい生徒のカタチを発見。

★21世紀型教育機構の中で、改革1期生の国内外大学合格実績が最初に出るのは2021年の春から9月にかけて。しかし、改革が進むにつれて、学内全体にグローバルなものの見方考え方が影響を与え、すでに世界大学ランキング100位以内の大学に合格する生徒が出始めている。

★海外大学準備教育環境のデザインに実際にかかわり、その生徒たちの特徴や学びをサポートしてきた3人の先生方が登壇する。香里ヌヴェール学院石川一郎先生、文化学園大学杉並の窪田淳先生、GLICC代表鈴木裕之先生である。

Photo_3

» 続きを読む

|

【2019年2月17日新中学入試セミナー予告編➄】思考力入試が受験生の新たな才能を発見!

★思考力入試は、今までの中学受験では信じられないような新しい才能を持っている受験生を発見した。2019年中学入試は、教育の質の時代でもある。このことを今まで以上に多くの受験生と学校の教師が共に実感した入試になった。

★思考力入試問題の開発こそ、私立学校独自の根源的教育イノベーション。この新たな事実を生みだした21世紀型教育機構の先生方が大いに語る。

★このトークセッションに登壇するのは、和洋九段女子の教頭新井誠司先生、聖学院の21教育企画部長児浦良裕先生、静岡聖光学院の副教頭田代正樹先生。

Photo_2

» 続きを読む

|

【2019年2月17日新中学入試セミナー予告編④】グローバル教育とSTEAM教育の実践。

★2月17日の新中学入試セミナーでは、21世紀型教育機構のメンバー校の先生方もトークセッションに登場。まずは、グローバル教育とSTEAM教育のカリキュラムにおける実践について語る。和洋九段女子の校長中込真先生、工学院大学附属の教務主任田中歩先生、三田国際学園の教頭田中潤先生が登壇。各領域で有名な実践者でありリーダー。夢の共演である。

Photo

» 続きを読む

|

2019年2月14日 (木)

【2019年2月17日新中学入試セミナー予告編③】2019年中学入試は来春大きく変わるためのエネルギーの充電期か?!チャンス到来。

★2月17日(日)、首都圏模試センター北一成氏(取締役・教育情報部長)と山下一氏(取締役・統括マネージャー)のトークセッションがある。テーマの1つは、2019年中学入試の総括と2020年の予想について。

★そして、もう1つは、思考コードの分析のみならず、思考コードを活用した学びの方法論の広がりについて。

190217_2

» 続きを読む

|

【2019年2月17日新中学入試セミナー予告編②】目の前に危機がある?!日本の教育を世界に開くリーダーが語る。

2月17日の新中学セミナーのキーノートトークセッションでは、平方邦行先生(工学院大学附属中高校長)と大橋清貫先生(三田国際学園学園長)が語り合う。

★お二人は、
2020年大学入試改革、2030年の日本経済と教育の関係、2040年のAI社会突入などの時代の激動を確かに見据えたうえで、その変化が危機なのではなく、そのダイナミクスに気づかないことに本当の危機があることを読み切っている。しかも、それは遠くの出来事でも未来の出来事でもなく、今目の前の首都圏中学受験市場で生まれていることなのだ。



★もちろん、その危機の向こうに希望がある。

190217

» 続きを読む

|

【2019年2月17日新中学入試セミナー予告編①】ナビゲーターは誰?!

★いよいよ2月17日(日)、和洋九段女子で、「新中学入試セミナー」(21世紀型教育機構主催)が開催される。当日の総合司会及びナビゲーターは本橋真紀子先生(聖学院数学科主任)!

Dsc08572

» 続きを読む

|

2019年2月13日 (水)

【2020年度首都圏中学入試動向の切り口_04】希望と不安と安心安全とベンサムと

★中学受験というのは、教師、在校生、受験生、保護者、塾の先生、受験シンクタンクなどそれらのステークホルダーも巻き込んで、希望と不安と安心安全の調和と不協和音の葛藤の渦に満ちている。

Dsc06945
(石川先生は教育界の調和と不協和音の葛藤の渦の中で、希望の旗手である。間違いない。)

» 続きを読む

|

【2020年度首都圏中学入試動向の切り口_03】変化を受け入れるが行動しないタイプと行動するタイプ。

★昨日12日(火)、聖学院フューチャーセンターで、この時期恒例の「入試総括コラボミーティング」が開催された。模擬試験講演者、教育ジャーナリスト、編集者、出版社、Web関連企業など中学入試にかかわる多様な人々が30名強集まった。

Dsc09441

» 続きを読む

|

2019年2月12日 (火)

2020年度首都圏中学入試動向の切り口_02】超難関校 学びの局面は、実際には地頭から創造的思考へ

» 続きを読む

|

2019年2月11日 (月)

【2020年度首都圏中学入試動向の切り口_01】学校組織と市場

★2019年度首都圏中学入試も、本日でほぼ幕を閉じることになる。招集日も本日が多いから、しばらくは繰り上がり情報が行き交うかもしれない。しかし、多くの学校も塾もすでに、2020年の中学入試の戦略を見直したり、再構築したり新機軸を生みだそうとしている。

Pt

» 続きを読む

|

«【2019年度首都圏中学入試(50)】 中学受験市場のダイナミズム