2024年7月21日 (日)

共栄学園前橋国際大学 3年後にさらに注目される

★共栄学園前橋国際大学。この名称に同大学の魅力が詰まっています。前橋市という自治体と国際世界をつなぐグローカルリーダーがどんどん輩出される大学というシンプルなコンセプトですが今もっとも多くの大学が欲しがっている教育と研究です。東京の大学群でも、一見同じような多様なグローカルプログラムは実施しています。しかし、多くの場合は、点です。それに参加した学生にはなんらかの経験値が備わりますが、大学や自治体、研究機関、民間、世界の要素がかかわって関数方程式を創り出すところまではいっていないのが現実です。

Photo_20240721090801

★ところが、驚くことにというか、児浦准教授が活躍しているので、ある意味当然というか、期待通りなのですが、その関数方程式が確立されているのです。児浦准教授と学内を歩いていると、多くの学生とすれ違ったとき、児浦先生と学生の皆さんは、それぞれこの間のプロジェクトどうなった?とか、インターンシップでこんな面白い経験していますとか、学校経営について今度相談させてくださいとか、プロジェクトベースの対話が行われています。私も学校の魅力が広く浸透するには、他になんかアイデアありますか?とか問いをもらったり、地方再生のための資金調達の方法などについても対話したりしました。

★ここは大学というより、イノベーションコミュニティで、学生も同大学のオープンスクールの企画運営をしていたり、スタッフさながらです。社会課題について研究する大学は山ほどありますが、それが実際にアクションとして行政や経済に影響を与えることは一部の学生に限られます。多くのコンテストもありますが、まだまだ死の谷に直面してそれを乗り越えるグローカルスキルを身につけている段階にはなかなか進めません。

★ところが共愛学園前橋国際大学は、ダイレクトに「魔の川」→「死の谷」→「ダーウィンの海」への研究プロセスを歩めるようにしています。おそらく3年後、今も話題の大学ですが、それが実際に社会に現れ出でて、注目を集めるでしょう。

★何せ、グローカル科目を学生全員が体験する講義というか、プロジェクトが満載なのです。おそらくこの科目デザインに児浦准教授は深くかかわっているのでしょう。児浦先生は、デザイン思考×アート思考×システム思考×SELなどをインテグレートしたプロジェクトデザインを今までたくさん創り実践してきたし、その過程で、中学生起業家、高校生起業家を輩出しています。彼らは大学に進んでも株式会社を設立したり大活躍です。

★海外大学に進学した生徒も、先進的なコンピュータサイエンスとデザイン思考を組み合わせて、面白い研究=ビジネスを行っています。兄ようについては企業秘密というか、IPの問題があるので、語れませんが。

★今や大学は、従来の中高の延長上の単位履修をして卒後してよりアドバンテージの高い企業に就職するというキャリアデザインだけではやっていけません。そもそも国際競争力がある企業ランキングで、かつてはベスト10に3社もはいっていたのに、今は1社もはいっていません。勝ち馬に乗るための競争レースは、あまり意味がなくなっていることも確かです。

★学生自身が、多様なインターシップやプロジェクトで自分のコアを見つけ生かしていける新市場創出ができたり、それを支援できる新しい行政畑の仕事を生み出したり、都市の公衆衛生のあり方をデザインしたり、資金集めのプロになったりすればよいだけです。日本の経済を支えているのは、90%の中小企業です。ここが大企業の従属機関になるのではなく、自主自立したりすればよいのです。

★これを目指すと、一人当たりのGDPは今の倍以上になります。世界経済を権威や権力でではなく、グローカル市民の頭脳と手と行動力で牽引する日本に、いや共栄学園前橋国際大学となるでしょう。

★APUや秋田の国際教養大学のような脱空間型のグローカルリーダーの第3の拠点になることは間違いないでしょう。なぜか?学内全体に英語とICTとプロジェクトの3種の神器と利他的社会起業力が共有されていれば、必然的にそうなるのは、あたりを見渡すと明らかだからです。それを実感した児浦准教授のプロジェクト型講義についてはまたご紹介します。

|

2024年7月20日 (土)

共愛学園 都市を共に創っていく知の拠点

★学校法人共愛学園は、幼児教育から大学教育まですべてがコンパクトに、県庁所在地前橋市にあります。実に理想的な未来の都市づくりを自治体は学校法人共愛学園と行うことになっていっています。もちろん、自治体は公平性の観点から共愛学園だけと都市づくりをしていくわけではないのですが、人づくりという点で幼児教育から大学教育まで理想的人的資本を形成している知(非認知能力×認知能力)が集積している総合学園として共愛学園を大いに頼りにしているはずです。

Img_7466

★地政学的リスク、気候変動のリスク、格差拡大のハラスメントリスクが地球規模で広がっています。パンデミックでわかったことは、スモールサイズの都市で、適性人口であることが必要だということです。

★世界中、スマートシティ化するのはこれらのリスクを回避するには、自然と社会と精神が好循環をすることが大事だとは、ガタリが20世紀後半にすでに言っていたことです。パンデミックで、WHOは、身体とメンタルと人間関係のトータルなウェルビーイングを守るために世界に働きかけました。この身体とメンタルと人間関係の良好な循環は、自然と社会の良好な循環につながる基礎です。しかし、これだけでは、足りないとWHOは気づきました。ジュネーブ宣言で、スピリチュアリティも必要なのだと。ようやく自然と社会と精神が循環する時がきたのです。

★現代の若き哲学者ガブリエルは、NHKでもよく登場してきますが、彼もまた精神がポイントなのだと。でもその精神はマインドではない。ドイツ語の精神を意味するガイストは、英語ではスピリチュアリティだと。

★この感覚は、ガブリエルは、日本人はむしろ了解しやすいというのです。というのは、禅や結界など自分を超える何かを敬う心の働きがあるからだと。パンデミックでエッセンシャルワーカーは、教師も含まれますが、自分の命を超えて他者の命を大事にする行為にでました。ジレンマはそれはもう壮絶でしたが、その多くは見事に乗り越えたのは、学校現場で仕事をしていた私たちは理解できるはずです。

★このスピリチュアリティという意味での自分を超えた何かを大切にする精神は、まさに共愛学園のキリスト教精神によって育まれるものです。

Photo_20240720133701

★そのことは、学校法人共愛学園の学園長・小学校校長の大川義先生と同学園中学・高等学校の飽田哲也校長のお話を聞いて感じいりました。130年以上前に創設された学園です。キリスト教のコミュニティと新島襄、内村鑑三などが協力して創設したそうです。新島襄といえば、≪私学の系譜≫の第一世代です。第二世代が内村鑑三や新渡戸稲造ですが、このキリスト教的精神の≪私学の系譜≫が戦後教育基本法を作成する教育刷新委員会のメンバーの多くを占めていたのは、意外と忘れられているかもしれません。

★ですから、再び、新しい都市造りの時代に、この系譜が活躍するということは歴史のポジティブな再帰性でしょう。共愛学園の幼児教育から小学校・中学校までは、この精神を育むキリスト教育をしっかり実践しつつ、同時に創設当初から英語教育がベースでしたから、英語教育を充実させています。今後3年くらいの間に、日本はインターナショナルスクールのような1条校が望まれますから、それに移行するのは共愛学園は実に簡単でしょう。

★それから、群馬県は、情報通信産業が日本全体からみれば弱みです。しかし、共愛学園は小学校からICT教育は充実しています。高校はDXハイスクールの支援を国から得ています。

★大学については、また別にご紹介しますが、大学も英語とICT教育は万全です。

★さて、そのような総合的な学園の中で、高校がものすごいリソースをもっています。幼児から中学までの教育環境を土台にさらに英語科と普通科の二つのベクトルを1つの合力に仕立て上げる教育を持続可能にしています。

★その合力は、多様な体験とグローカルプロジェクトとICT教育の掛け算で出来あがる世界の痛みを引き受け解決する魂です。これは同学園小学校のアニマシオンという魂を燃やす読書体験から発展もしているでしょう。

★この合力があるからこそ、英語科、普通科からそれぞれの大学に進学したとき、自分の専門分野でスピリチュアリティという高尚な精神を抱き勇気をもって人の役に立つ生き方ができるのでしょう。大川学園長は、このような精神を内村鑑三の「後世への最大遺物」で示された魂そのものだと語ります。大川学園長は、内村鑑三のひ孫だそうです。青春時代私は同書に出合い、壁にぶつかるたびに勇気を奮い起こしてこれました。校長時代、生徒にもこの魂を紹介しました。二人の生徒が感動したと飛んできたのを思い出します。そのような内村鑑三の魂にダイレクトに出会うことができたのです。心が震えないわけありません。

★内村鑑三を訪ねて、北海道を歩いたり、軽井沢を尋ねたりしていましたが、共愛学園でその魂に出会えたのは何かの啓示かと思わないではいられません。魂は生物学的遺伝はしません。教育によって文化遺伝子として継承されます。共愛学園の教育はそのシステムが130年以上継承されてきたのです。

★そして、この高校の合力は、共愛学園前橋国際大学で、異次元の力を発揮することになります。それゆえ、前橋市や群馬県は、この異次元の力によって未来の都市創りを可能にすることでしょう。

|

2024年7月19日 (金)

学校法人共愛学園 幼児教育から大学教育まで総合学園全体に溢れる進取の気性 児浦准教授に導かれて

★共愛学園前橋国際大学の児浦良裕准教授とお会いできました。児浦先生には同学園の理事長、学園長、校長、事務局長、ご自身のゼミ生にもご紹介いただきました。お忙しい中それぞれと対話の機会を頂き感動しました。なんて進取の気性に富み、世界課題の解決策を地域の課題を解決することと結びつけようとする気概に溢れているチームなのかと。

Img_7470

★新しい試みに挑戦し、それが経営だけではなく、同時にグローカルな諸問題を、生徒、学生、教員、経営陣みなが共に考え、アクションを起こしていく姿勢がすばらしいと感じました。

★東京にはない強みを生かし、英語とDXと世界の共通言語としてのキリスト教精神をもって立ち臨んでいる集団がオール共愛学園です。

★かつてヴォーリーズが近江から世界が創られるというようなことを語っていたと記憶していますが、この予想不能で非構造的な社会問題に立ち臨む日本の発信地は共愛学園であるということになるかもしれません。しばらく共愛学園について想いを膨らませてみたいと思います。

|

新紙幣の顔 ≪私学の系譜≫を彷彿とさせる

★遅ればせながら、渋沢栄一が刻印されている新紙幣を手にした。そして次のようなことに想いを馳せた。

★紙幣というのは、ほぼ20年ごとにデザインを変えるということらしい。偽造防止と自動販売機などの関連需要を高め景気を刺激するなど法と経済の舵取りということらしい。紙幣の顔を誰にするかは、財務相が最終的に決めるのだろうが、国民に広く理解が浸透しやすいということなど財務省のメンバーに調査はさせただろう。

81yfkdz8pl_sy522_

★どんな意図があったかしれないが、渋沢栄一、津田梅子、北里柴三郎3人の功績はそれぞれ違う。合法主義というか道徳経済合一論を掲げて日本の資本主義をつくったのは渋沢栄一。今も問題になっているジェンダーバイアスに果敢に闘った津田梅子、病気になってからではなく、病気になる前の予防が大事だとまさに公衆衛生の基礎を築き、未病という概念につながる医学を確立した北里三郎。

★しかし、日本の近代国家構築のために気概を持って尽力したことは共通している。そして渋沢栄一はフランス語、津田梅子は英語、北里柴三郎はドイツ語を学び、皆留学もした、グローバルなリーダーでもある。

★そして、何より今の私立学校に連なる私学を設立した私学人である。≪私学の系譜≫のルーツでもあるのだ。

★近代国家を現実の中で奮闘して作りながらも理想を抱き貫かねば公立学校の整備に尽力すればよかったはずである。明治政府の考えた近代化路線とは違う「もう一つの近代化路線」を考えていたことは間違いない。だからこそ、現実の多様な矛盾を乗り越えようと奔走できたということもある。

★たまたま3人が新貨幣の顔として選ばれたとしても、日本の新しい国家変容への想いを日常の生活世界の中に織り込みたいという気持ちはあったのではないか。日銀の総裁でもあり、大蔵大臣も務めた高橋是清の精神がそうさせたというのは神がかりだろうか。高橋是清も前半の人生の10年くらいは開成の校長を務めていた。多くの人材を東大に進学させそして善き国家づくりを目指す官僚として育てた。彼もまた最初は英語の教師だった。そして、教育を核に国家を作ることだと宣言もしていた。

★高橋是清の随想録を読むと、彼の経済や金融政策の基本は渋沢栄一と共通するところがいっぱいあるように思う。≪私学の系譜≫は、国をどうするかの発想の泉であることを新紙幣を手にして確信した。

|

2024年7月18日 (木)

≪私学の系譜≫を未来につなげる意味 MIヒルズの集積地

★日本のデジタルなどのイノベーションの力は、世界ランキングで30位以下だといわれています。AI時代において、このイノベーションのスキルや能力がレバレッジポイントであることはあまり間違いはないでしょう。そのような状況の中で、情報通信産業の集積地は東京なのです。それがいいかわるいかはまずは括弧に入れておき、地政学的リスクや気候変動リスクや格差などハラスメントリスクを解消するには、このイノベーション産業の集積地である東京の「知」を高める必要があります。それに寄与するのが、東京の私立中高なのです。

Photo_20240718074101

★明治維新のときに、実はまだまだ公立学校は整備されていなかったので、私立学校が日本の子どもたちの教育を守っていたのです。それが明治憲法や教育勅語が出された後、私立学校撲滅政策がとられ、大正自由教育運動で、再び私立学校の独自性が発揮されるわけですが、二つの戦争の間は、抑制されます。

★それが戦後教育基本法や私立学校法、私立学校振興助成法などが成立することによって、国も社会的公平性を保ちながらも、標準化を超える社会的自由を重視し、イノベーターが生まれる土壌を私立学校に期待しました。

★そして、東京には私立中高一貫校が200弱あるのです。これは世界の大都市でもレアケースです。世界文化遺産レベルだと思います。したがって、この多様な知が溢れる教育をもっと高め、東京のイノベーションスキルや技術を高度化し、多くの人々の生活世界がウェルビーイングになるようなアイデアを生み出す必要があります。

★社会的自由を重視するということは、自ら知を高め、それを現実化し、そのために資金調達し、社会に貢献するというミッションが同時にあるのです。このミッションこそ≪私学の系譜≫です。

★東京の私立学校のほとんどが台地と丘陵の上に建っています。台地を削って川が流れ、谷ができています。渋谷はまさにそのような地形です。港区、千代田区、渋谷区にイノベーション産業が集中しています。ビッドバレーなどと谷の地形をつかったシリコンバレーにあやかって表現されたりするときもあります。

★このイノベーションバレーに知を注ぐ私立学校は台地にあります。それゆえ、MI(多様な知性)あふれるヒルズ(台地)の学校ということで、この東京の私立学校群を、MIヒルズとでも呼んでもよいかもしれません(微笑)。

|

2024年7月17日 (水)

聖学院中学校が、22世紀の世界を導く男子校であるわけ❸

★聖学院の<【レゴキング選手権・学校説明会】聖学院名物・第13回レゴキング選手権を開催 7月13日(土)>の記事は保存版です。ここには生徒が成長するギミックのヒントが満載されているからです。

2024071766975a9f81fcd1000x750

(写真は聖学院のサイトから。才能あふれるonly one for othersの結晶)

★まず「コアパート」という学習のプロセスがそのまま生徒のタラントを象徴するわけです。こころをゆさぶる作品をつくって、価値あるものをつくる。そしてそれを崩して、その価値あるものの最も象徴的なものを取り出すわけです。さらに、その「コアパート」をまた別のものにつなげながら、新たなものを創造する。

★レゴキングのプログラムは、担当の先生が創意工夫して新たなものが展開するとありますが、レゴで生徒が学び、自ら成長している姿を振り返る、それこそ心揺さぶられるプログラムデザイン。

★担当の先生の独自でありながら、その学習プログラムの基本線は聖学院のプログラムのコアシークエンスになっています。

★このコアシークエンスと響き合う学びのプロセスのモデルが聖学院の授業のICEモデルです。価値を知る→それぞれのつながりを見出す→そのつながりを組み換えて広げていく。これは私の場合の思考コードの縦軸と親和性があります。

★そして、このコアシークエンスに担当の先生の独自の思考過程のギミックを織りなしていく。ICEモデルは3なんですが、そこに独自性が掛け算になると、3×∞になります。

★結局、多様な学びのプロセス、思考のプロセスが、モデル化されるのです。

★だから、前回紹介した国語の授業で、良い授業とは何かという哲学対話は、生徒一人一人によって違いながらも、3×無限というわけです。思考コードは、3×3なんですが、実は成長するにつれて3のn乗になるので、聖学院の先生方と親和性があるなあと感動しています。

★学びのプロセスや思考のプロセスを放置しないで、内省して自分なりのモデルと化するOnly One For Othersが成長しないわけないのです。このことは、多くの認知心理学者によって証明されているはずです。私はあくまで経験上、自分なりの学びのモデルをつくり、それを使いながら内省して改善していく生徒がその才能を発揮している姿を見てきただけなのですが、こういうことを研究している心理学者はたくさんいるはずです。

★ともあれ、レゴキングや思考力セミナーやICEモデル授業のように、聖学院は教師も生徒自身も、独自の学びのモデルを創って改善し続けているのです。それが、この記事には隠されています。

|

聖学院中学校が、22世紀の世界を導く男子校であるわけ➋

聖学院の中1の国語の授業が実に興味深いのです。中1の6月に、おそらく1学期を振り返りながら、「良い授業とは何か?」という問いを生徒と共に対話し、考えるというのです。2時間かけて、次のような問いについて対話したようです。

Seig_20240717154801

授業1回目:根源を問う・言語化・自己評価
【根源】そもそもなぜ私たちは学校で授業をうけているのか
【言語化】そもそも「良い授業」とはどんな「授業」なのか
【評価】いま自分のクラスで「良い授業」が成立していると思うか

授業2回目:分析・対策
【分析①】「良い授業」を受けたいと考えているにもかかわらず、それが実現していないのはなぜなのか
【分析②】それでは「良い授業」を成立させるために生徒・教員はどうすればよいのか
【対策】ここまでの考察をふまえ、「良い授業」を成立させる仕組みやルールを考えてみよう

★よく授業評価を生徒にとるということはありますが、ダイレクトに生徒と良い授業について話し合うというのはそうあることではないでしょう。しかも、高1ではなく、中1とです。これからの6年間を見通した時、ワクワクするような授業があったなら、それは素晴らしいことですから、中1段階から考えようというのでしょう。

★しかも、「そもそもなぜ私たちは学校で授業をうけているのか」という授業だけではなく、学校とは何かまで考えるというのです。学校があるからそこに行くのではなく、自分がなぜ学校に行くのか、行く価値のある場なのか、そこで授業を受けることは自分にとってどんな意味があるのか。

★ともすれば、おもしろくないのは教師のせいだとか、学校にいかなくてはならないのは、法律で決まっているからだとなりがちですが、おもしろいとはどういことなのか?学校に通うとはどういうことなのか?そこに自分はどうかかわり、どういう意味を主体的に生み出しているのか?

★それは教師自身にとっても同じでしょう。意外と、うちの生徒は集中しないとかいう言葉を耳にするものですが、そんな生徒に責任転嫁しない、実ほど・・・という謙虚で優秀な、そして愛情たっぷりの教師がいるからこそ、このような哲学対話が授業の中で成立するのでしょう。

★この当たり前のことを当たり前で終わらせずに、その歴史的意義や心理学的意義や未来社会との関係や知を共有する友情などをどうとらえるか、かけがえのない価値を生み出していく対話が、授業の中にあるのでしょう。

★このコンセプトは、聖学院のどの授業でもそうだし、そもそも校長ブログがそのコンセプトで貫かれています。22世紀の世界を導く男子校たるゆえんでしょう。

|

2024年7月16日 (火)

富士見丘 グローバル探究×DX

★昨日富士見丘は中学説明会を開催しました。帰国生対象の説明会も同時開催でした。副教頭の佐藤先生によると、どちらも昨年を超える参加者だったということです。ここ数年の富士見丘の人気はますます堅調になってきたということでしょう。佐藤先生は、「富士見丘は、今年もまた新たなグローバル探究型の教育プログラムに挑戦している」と語ってくれました。さすがです。

Photo_20240716141201

★高1の慶應義塾大学湘南藤沢との高大連携で行っているグローバルワークショップが、DXをさらに強化して行う予定だというのです。そのために、最初の3回は、レゴを活用したクリエイティビティを刺激するワークショップだというのです。

★レゴを活用すると、たとえば、次のような能力やスキルを刺激します。

感受性: 遊びを通じて新しい機会に挑戦する自信や共感力を育みます。さまざまなチャレンジを解決するための粘り強さも身につきます。
創造性: 自分のストーリーを書いたり、アイデアをカタチにしたりするスキルを養います。
社会性: 仲間と協力して問題解決に取り組むことで、コミュニケーションや協力のスキルを身につけます。
身体能力: ブロックを組み立てることで第二の脳である手を活用できます。楽しみながら身体を動かすことでエンドルフィンがでて、ポジティブな気分になるといわれています。
認識能力: 遊びを通じて戦略構築や問題解決に集中し、記憶力や集中力を高めます。
デザイン思考: レゴを組み立てる際には、美的感覚や機能性を考慮する必要があります。デザインの基本原則を理解し、自分の作品を改善する方法を探求することで、デザイン思考を発展させます。
観察力: 環境や物事を注意深く観察し、新しいアイデアやパターンを見つける能力を刺激します。
柔軟性: 異なる視点から物事を考え、アイデアを組み合わせる柔軟性が覚醒され、新しいアプローチを見つける手助けとなります。
情熱と好奇心: 新しいアイデアやプロジェクトに情熱を持ち、探究心を持って取り組むことで、創造性を刺激します。

★もっと他にも豊かな学びの刺激があるでしょう。先日は、数学的なコミュニケーションゲームを用いたそうです。教科横断型のコミュニケーションを促す媒体としてレゴを活用して、発想力が豊かになります。このような準備を行った後、都市づくりに挑むそうです。おそらくそのときには3DプリンターなどDX化の一環のツールを活用しながらプロジェクトを進めていくのでしょう。

★なお、いうまでもなく、SFCの大学院生との連携は、外国人の院生が多いため、オールイングリッシュで行われています。この点はずいぶん以前から行われていることです。 

|

昭和女子大学附属昭和女子中学校・高等学校の位置づけ

ダイヤモンドオンライン2024年7月16日の記事「【お茶の水女子大学? 津田塾大学?】有名女子大の序列はどうなった?【2024年最新マップ付き】」で、昭和女子大学の位置づけが座標に記されていました。一般的なイメージがそうなのかもしれませんが、私の主観では違うなあと感じました。というのも、昭和女子大学附属昭和女子中学校・高等学校の位置づけは、私なりにポジショニングするとこうなります。

Photo_20240716103501

★もちろん、昭和女子グループが、メリトクラシーという現実を無視しているわけではありませんが、そもそもジェンダーギャップを生んでいる原因であるこの社会システムに与することはないのです。それは、昭和女子大学グループ全体に言えることはむしろ多くのメディアが、総長の坂東先生や校長の真下先生の取材を通して了解しているはずです。

★また、真下校長の講演を聞き、私がかかわっている学校の校長及び教師たちもイノベーションの教育についてお世話になっているという話を聞いて、相当先進的な教育を行っていることは実感しています。

★特に真下校長は、合理的思考はもちろん科学的思考として大切にしていますが、何より新しい価値を創造することを最重要視しています。

★したがって、昭和女子全体の姿勢は、挑戦する構えです。ソサイエティ5.0に対する対応力だけではなく、その社会がもたらす光と影の両方をメタ認知し、影の部分を光の部分にチェンジする新しい価値を見出すグローバルな視野、サイバー社会の視野、ハラスメント撲滅の視野など複眼的思考ができる生徒が育まれています。

★絶望を希望に変える人間力の育成ほどすばらしいものはないでしょう。

|

聖学院中学校が、22世紀の世界を導く男子校であるわけ❶

★聖学院は、生徒たちが22世紀を創っていく英知を自らそして互いに身につけていける教育創造をしています。生徒たちが2101年を迎える時、すでに高齢者ですが、それまで困難極まりない21世紀社会をウェルビーイングに導く聖なる人間として活躍するでしょう。そして22世紀の世界を運営実施する聖なる賢者として次世代のメンターとなっているでしょう。

Dsc00257

★それは、なぜか?聖学院のサイトで活躍する生徒の様子をご覧いただければ、了解できます。もちろん、実際に説明会や授業などを見るとより鮮明にわかります。私の場合は、実際に聖学院の先生方と対話もしていますから、その確信を抱いています。

★世の中が必要とする教育イノベーションはすべて挑戦し、外部コンクールなどでも成果を出しています。そして、受験業界が期待する大学実績も伸ばしています。最近受援業界が注目し始めた海外大学進学準備は、とっくの昔から行い、実績も順調です。

★それにSTEAMといわれている教育も、どこの学校も始めていますが、なかなかAとMは実践できません。ところが、聖学院のアートやマスは筋金入りです。たとえば、あるときの美術の授業では、「テンペラ」という絵具を造るところから始めるテンペラ画法を行います。あの「最後の晩餐」の絵具です。歴史に学ぶアート、化学的な視点を要するアート、美術史を考察する哲学的要素など古典技法を通して、リベラルアーツ的な発想も学べます。

★ダ・ヴィンチになったつもりで、世界を生み出す「卵」を手に取る生徒の好奇心、躍動感、驚愕、感動、閃き・・・・・・これぞSTEAMでしょう。

★この最後の晩餐は、12使徒のマインドがパラダイムチェンジをする瞬間を描いています。この「12」の意味について、校長ブログで伊藤校長が論じています。礼拝で、実際に生徒全員に話された内容です。

★校長ブログは、聖学院の不易流行の不易の精神を語り続けています。そして授業や行事、部活は、その精神が現実のものとして生徒自身に流れこみ、生徒の賜物を介してそこから発出して行く様子が聖学院のそれぞれのページで表現されています。

★周りを見渡してみてください。ここまでの男子校は佼成学園ぐらいではないでしょうか。

★ああ、間違えないでください。私は、男子校の優劣の話をしているのではありません。大真面目でこのディストピア的社会をユートピア的社会に転換することを志向している男子校の話をしているだけです。

★開成のように、ディストピア的な社会を何とかしようと学歴社会のトップのポジショニングをとり、そこから改善をしていく人材をつくろうとする男子校もとても大切です。そして、これは初代校長高橋是清の理念でもありました。

★一方で、聖学院の初代校長石川角次郎は、その開成出身者であり、高橋是清の理念通り、東大に進学します。しかし、もっと違う改革の仕方があるというい覚悟を決め、米国に留学し、帰国して聖学院の初代校長になります。「聖を学ぶ」学院として。高橋是清も当時はまだ近代国家建設途上でした。しかし、石川角次郎がその近代国家の危うさに気づいていたのでしょう。

★その危うさは、今も続き、むしろ大きくなっているかもしれません。そこに一人ひとりの賜物(才能)を生かして立ち臨む知恵ある聖なる人が輩出される学院。それが聖学院です。今世界が期待する学校が聖学院のような学校なのです。

|

«三田国際学園 さらなる異次元の教育と経営にシフトする予感